クルマのメンテナンス

エンジンメンテナンスの重要性・修理とエンジンオイル

エンジンルームは普段あまり明けて点検しない箇所です。しかしエンジンは、クルマの心臓です。どんなクルマもエンジン、またはモーターが無くては走ることが出来ません。またクルマで最も多いトラブルはバッテリーに関連したものです。大切なエンジンルームのメンテナンス方法、注意点などをお伝えします。いつもは気に成ら...

≫続きを読む

 

エンジンオイルの入れ過ぎのデメリットとオイル交換時期

劣化したオイルは、エンジンの内部で滑らかな動作が出来なくなることから、エンジンの機能を落としてしまい、規定の出力が得られなかったり、車の燃費が低下する原因にもなります。入れ過ぎもNGまた逆に、エンジンオイルの入れ過ぎすぎますと、油面が高くなり、上部のクランクシャフトが油面を叩いてしまい、抵抗が発生し...

≫続きを読む

 

電気系統の役目と重要性・トラブルと対処方法

近年の自動車には、実にさまざまな電気を使用するユニット、機器、パーツが装備されています。電気は、エンジンの始動から始まり、ランプ、ウィンカー、ワイパー、パワーステアリング、パワーウィンドー、エアコン、オーディオ、カーナビなどなど、自動車の運転には欠かせない基本的なユニットの生命線を、電気は担っていま...

≫続きを読む

 

バッテリー液とバッテリーあがりの緊急対処法

最近の自動車の多くには、メンテナンスフリーのバッテリーが装備されていますが、旧態のバッテリーには、バッテリー液の補充というメンテナンスが必要です。バッテリー液は、バッテリーを使用する以上、必ず減ります。こまめにチェックし、バッテリー液が減っていたら、必ず補充しましょう。専用バッテリー液を使用しましょ...

≫続きを読む

 

バッテリーあがり時の最も一般的な対処法

自動車を降りるときに、ついうっかり、半ドアーにしてしまった、ヘッドライト、スモールライトを消し忘れた、こういう電気系統の消し忘れも、バッテリーあがりの原因となります。バッテリーあがり対処方こういうケースでは、ブースターケーブルなどを使い、他の自動車から電気をもらい、充電をすればOKの場合があります。...

≫続きを読む

 

ヒューズとオルタネーターの重要性について

自動車に積まれる、さまざまな電気機器には、ヒューズが付いています。しかし、このヒューズが切れてしまいますと、電気が送られなくなり、当然ながら、いろいろな機器が作動しなくなります。電気を繋ぐヒューズエンジンもかかりませんし、ランプ、ウィンカーなども使えなくなってしまいます。各機器の、それぞれのヒューズ...

≫続きを読む

 

オーバーヒートとロングライフクーラントについて

オーバーヒートは、車のエンジンが正常に冷却されず、過熱され過ぎて起きる現象のことをいいます。絶えず回転している自動車のエンジンは、適切に冷却される必要があり、冷却系統のトラブルで加熱されたままとなると、エンジンが止まり、エンジン部から、白い水蒸気が噴出したりします。オーバーヒートの原因オーバーヒート...

≫続きを読む

 

オーバーヒートとサーモスタット交換について

車のオーバーヒートは、ラジエーターやラジエター周りの配管に小石などが当たり破損し、そこから冷却水が少しづつ漏れて起きる場合もあります。また、冷却ファンが故障したり、何らかの原因で回転しない場合も、ラジエターが冷却されずオーバーヒートになるケースもあります。サーモスタットの故障さらに、自動車の冷却系統...

≫続きを読む

 

タイヤのトラブル 溝とスリップサイン

昔ブリジストンのCMのキャッチコピーで「タイヤは命乗せている。」というものがありましたが、まさしくその通りです。タイヤ、そしてブレーキを含む足まわりは重要保安部品と呼ばれ、自動車のパーツ、ユニットの中でも安全に直結する大切なパーツです。そのメンテナンスについてお伝えします。一番重要なのは溝「タイヤは...

≫続きを読む

 

タイヤローテーションとホイールバランス

車のタイヤは装着する車の位置によって、それぞれ摩耗の進み具合が違います。タイヤのローテーションを行うことによって、タイヤの摩耗を均一化させ、長持ちさせることが可能です。ローテーションはエコでもあるローテーションは、5000kmから1万km走行ごとに行うのが良いとされています。なお、非対称パターンのタ...

≫続きを読む

 

タイヤサイズの表記とブレーキのトラブル

タイヤを単品で購入して、自分で交換をされる方は、あまり多くないと思いますが、参考としてタイヤの表記について説明します。タイヤサイズの標記例として、「175/80R14」の表記の場合、それぞれの数字、記号の意味は以下の通りです。175=ゴムの幅で、接地面を意味します。この場合は、17.5cmです。80...

≫続きを読む

 

洗車と洗車が必要なケースとメリット

自動車をいつも綺麗にしておくことは、運転するにあたり、精神衛生上、とても良いこととされています。汚れたままですと、自動車の運転自体が粗雑になるともされています。逆に、清潔で綺麗な自動車ですと、自動車自体に対する関心度が上がり、ひいては周囲にも注意を払うようになると言われています。まず、水洗い洗車のコ...

≫続きを読む

 

水洗い洗車の注意点とカーシャンプー

自動車に、たっぷり水をかけた後は出来れば、ホースの水を流しながらタオルなどで自動車の汚れを取っていきます。一方向にタオルで洗うここ時、普通の汚れであれば同じ方向に、一方通行の形でタオルを動かし、汚れを取ります。水と共に出てくる汚れは、その都度、ホースからの水で流します。もし、バケツなどを使用する場合...

≫続きを読む

 

ワックスかけで愛車を可愛がる

洗車後、時間に余裕があれば、ワックスかけをして愛車を綺麗にしましょう。ワックスは薄く、伸ばすような感覚で塗り、ワックスを多く付けたり、厚く塗るのは無駄で、拭き取りも、その分大変になります。また日が暗くなると、ワックスを塗ったトコロが分かりにくくなりますので、時間に余裕を持って洗車、ワックスかけを行う...

≫続きを読む

 

天然カルバナを出来るだけ薄く塗る

スポンジも、ワックスに付いているスポンジでOKですが、ワックスかけが終わったら捨てましょう。ワックスかけのスポンジは消耗品です洗剤で洗い次回も使うより、新品のスポンジを100円ショップで、まとめ買いしたほうがメリットがあると考えています。何度も同じスポンジを使うのは、スポンジに入り込んだ細かいゴミで...

≫続きを読む

 

ドアの内部のワックスかけ

自動車のボディーに、まんべん無くワックスをかけ、さて、これでワックスかけ終了!もしも、まだ、お時間があるならば、もう少しワックスをかけてあげましょう。細かい気遣いでそこは、ドアー部です。自動車のドアーを開けた時、そこがピカピカだと、これもなかなかとカッコイイものですし、例えば助手席に、後部座席に大切...

≫続きを読む

 

ワックス拭き取りのノウハウ

次は、ワックスの拭き取りです。普通は専用のハンディーモップを使いますが、ここでまた1つアドバイスを。両手でふき取りそれは両手に1つづつモップを持ち両手で拭き取る、というテクニックです。完全に2倍の効率とはいえませんが、それでも片手で行うよりは、はるかに作業効率がアップします。両手にモップを持ち、ワッ...

≫続きを読む

 

ワックスを拭き取ったモップは洗わない

ワックスを拭き取ったモップですが、もちろん、ップには、ボディーに塗った余分なワックスが付いていますが、これを洗濯などするのはお勧めしません。次回の洗車に簡単ワックスかけとして使える程度問題ですが、水洗いし、スポンジでワックスをかけた、そのアトで使ったモップです、それほど汚れてはいないといえるでしょう...

≫続きを読む

 

タイヤの清掃とチェックの重要性

私は家内、そして家族と車で旅行に出かける時、たとえクルマのボディーが汚れていても、窓だけは綺麗にして出かけるようにしています。車の窓が綺麗であることは、非常に気分が良いものですし、一緒に車での時間を過ごす大切な人へのマナーであるととも思っています。綺麗にすると気分が全く変わる窓の清掃もお勧めです。足...

≫続きを読む

 

フロントガラスは常にクリアーに

レインXに代表される、自動車がある一定速度に達して走行する場合、ワイパーが不要となる水をはじくケミカル商品、それらをフロントガラスに塗る人も多いでしょう。ちょうど良くワックスの効いた自動車のボディーに出来る水滴のように、雨の水滴をワイパーが拭き取るのは、なかなかと気持ちの良いものです。嫌いな人・マイ...

≫続きを読む

 

車内のクリーンアップとフロアマット

自分の家を、部屋をいつも綺麗にしておく、整理整頓しておく、これもドライバーとしての1つの義務であると私は考えています。また、運転する自分自身にとっても気分が良くて、快適にドライブ出来ます。これは身だしなみと同じです。全ての人が気分が良くなれるように車内はいつもクリーンにしておきましょう。安全運転が出...

≫続きを読む

 

フロアマットの洗い方と注意点

自動車から取り出したフロアマット、汚れが気になるならばマットを綺麗な地面に置き、洗剤をふりかけ水を流しながらデッキブラシなどで汚れを洗います。デッキブラシでゴシゴシ洗うこのとき、あまり洗剤を多くかけないようにします。洗い流すのが大変ですし、洗剤の洗い残しは、その後の汚れの原因となります。デッキブラシ...

≫続きを読む

 

シートの汚れと掃除機での車内清掃

自動車の中でも運転席のシートは、毎回ドライバーと接するところですから、その分、やはり汚れてしまいます。基本的には湿らせたタオル等で拭くことで、そこそこ綺麗になりますが、更に綺麗にしたい場合は家庭用洗剤をタオルにつけて拭く、これで十分です。専用クリーナーもOKひどい汚れの場合は、専用クリーナーを使用し...

≫続きを読む

 

コンパウンドでの傷の修復

洗車を含む、車の手入れを行えば、自分の自動車の異常に、いち早く気が付くというメリットもあります。自動車の外、中を、いつも綺麗に、整頓、整備して、安全運転を行うように心がけるべきです。また作業をする時は、万が一の怪我を考えて、手袋などをすると良いでしょう。コンパウンドを活用しましょう洗車をしていて、自...

≫続きを読む

 

磨き傷には専用の磨き傷コート剤

クルマのボディーの傷は、本格的に直すには専門工具、技術が必要です。ですが軽度で小さな傷であれば、充分に自分で直すことも可能です。磨き傷・小さな引っかき傷の修復洗車を良く行うクルマや、洗車機をいつも使うクルマの場合、ボディーに細い磨き傷が付きます。中古車など年式の古いクルマにも、磨き傷があります。それ...

≫続きを読む

 

深い傷・鉄板のへこみの修復

深い引っかき傷で、しかしボディーの鉄板が見えない程度の傷の場合は、市販のタッチアップペイントで補修します。カーショップに自分の自動車と同じ色のタッチアップペイントが無い場合は、クルマを買ったディーラーに取り寄せて貰えば入手出来ます。広い範囲にはスプレータイプを広範囲な傷の場合は、スプレータイプを使う...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ