岡山・広島・島根・鳥取・兵庫

2014年11月に家内と2人で3泊4日で出掛けた中国地方の旅行記です。岡山の倉敷で10年間待ち続けた友人達に逢い、広島の宮島、厳島神社と呉を訪ね、島根の出雲大社、鳥取の砂丘、兵庫の竹田城址を観光したレポートです。

2度目の倉敷を散策し10年来のネット友人達と会う

2014年11月、10年前にインターネットのブログで出会った、税理士事務所を経営する方で、私と同年齢、そして尊敬に値する方に会うために岡山に先ず向かう。倉敷を散策倉敷国際ホテル「倉敷国際ホテル」にチェックインする際、駐車場に「満車」という表示があり、宿泊客なのだから大丈夫であろうとは思うが、ホテルに...

≫続きを読む

 

倉敷で矢のように過ぎ去った友人達との至極の時間

4人で、税理士の方のお勧めで、予約もして頂いた倉敷国際ホテル近くの「いわ倉」という居酒屋に4人で入る。素晴らしい兵庫の友人達倉敷の紅葉税理士の方は自宅以外ではアルコールは口にしない、保険業の方はクルマの運転があるという事で、私と家内だけがアルコールを注文し、4人で「出会いに乾杯」した。この瞬間を、ど...

≫続きを読む

 

秋の安芸の宮島・厳島神社で真っ最中の紅葉を楽しむ

家内も同意したが、朝食のご飯が美味く感じ、非常に従業の態度が良い倉敷国際ホテルをチェックアウトし、旅行2日目、一路広島に向かう。小雨の宮島厳島神社天気予報では午後から雨となっているので、予定を変更し、先に宮島に行き、その後、呉市の「大和ミュージアム」に行くこととする。倉敷からクルマで3時間ほど、11...

≫続きを読む

 

予想通りの大和ミュージアムと迫力の退役実物の潜水艦

「大和ミュージアム」に関して、実は行くか行かないか、最後まで迷った。いくらスケールが大きいとはいえ、本物ではないのだ、模型なのだ、それを見て自分は何かを感じるだろうかと考えたのだ。予想通りの大和ミュージアム大和ミュージアム 1既に見学していた息子に旅行の前に、行くべきかどうか聞いてみたが、どうもハッ...

≫続きを読む

 

笑いっぱなしで最高に楽しめた広島の熟女2人との飲食

海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」に無料で入館し、一通りの展示品を見て、最後に潜水艦「あきしお」に入る。もう少し多く見物したかった潜水艦内部潜水艦あきしおワクワクした。退役した潜水艦とはいえ、本物の潜水艦なのだ。ハワイのパールハーバーでも潜水艦を見学したが、迫力がまるで違う。ただ機密保持で致し方な...

≫続きを読む

 

出雲大社に伊勢神宮に似た荘厳さを感じる

大満足の夕食を楽しんだ翌日のコンフォートホテル広島大手町の朝食も、満足出来る内容であった。3日目は、やはり私は行った事があるが、家内の希望である出雲大社に向かう。石見銀山に立ち寄る出雲大社の鳥居ほぼ高速道路の道のりであるが、クラウンのカーナビ任せで走行したら、山陽自動車道、広島自動車道、中国自動車道...

≫続きを読む

 

宍道湖と松江城を経由し鳥取の三朝温泉へ

地元の名も無いタレントを起用した地元TV局と、もう1つ、やはりTV撮影をしているグループがあった。もう1組のTV番組撮影アンタッチャブルの柴田英嗣さんタレントらしき人は2人、1人は外国人、もう1人は大阪の食い倒れ人形のような赤と青の上下で派手な衣装を着ている。派手な衣装を来た人は、お笑いのコンビ「ア...

≫続きを読む

 

三朝温泉街のひなびた遊技場でスマートボールを遊ぶ

三朝温泉の後楽の夕食に出た刺身は、かなり美味であった。またワサビを自分でおろして、おろしたてのワサビと共に食する事が出来るのが、さらに刺身を美味しくさせている。満足の夕食を終え、散策する事とした。温泉街でスマートボールで遊ぶ三朝温泉 後楽これも事前にインターネットで調べてあったのだが、古い温泉街にあ...

≫続きを読む

 

予想以下の鳥取砂丘を見物し最終目的地の竹田城址へ

鳥取砂丘は、やはり評判通りであった。あくまでも砂丘であって、砂漠では無いのだ。予想以下の鳥取砂丘正直な感想は、「これだけ…!?」砂丘センターに行き、そこの展望台に登り、砂丘を俯瞰するが、ううむ、これが有名な鳥取砂丘か…要するに「マーライオン」だ。事前に、その評判は聞き及んでいたし覚悟はしていたが、そ...

≫続きを読む

 

地元の人が如何に大切にし誇りとしているかが分かる竹田城址

我々夫婦は、一応お城巡りも趣味の1つとしており、山城と言えば滋賀県長浜市の浅井長政の小谷城址を数回、訪れている。小谷城址は、縄張りなどは分かるが石垣などは殆ど残っていないので、同じような山城で、どのような姿で石垣が残っているのか、そしてポスターなどで良く目にする雲海に浮かぶ石垣の姿は、どのようなもの...

≫続きを読む

 

竹田城址の史跡としての魅力とクルマで最長距離の旅行

竹田城址は、時間が許せば、そして欲を言えば、もう少し観光客が少なければ、いつまでも居たいと思わせる史跡でもあった。自分達も観光客であるが、しかし様々なお喋りを声高にしながら歩く中年女性…史跡マナーなどというモノがあるのかどうか知らないが、もう少し控えて頂きたいと素直に感じる。竹田城址の史跡としての魅...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ