若干二日酔いとなった3日目もM社長と共にマジェスタで移動する

若干二日酔いとなった3日目もM社長と共にマジェスタで移動する

「諸君が私を理解してくれ」というセリフを倣い、先ず私の自己紹介、経験などを話し、その後、各メンバーの、軽い、型に拘らない自己紹介。

 

楽しかった歓迎会

 

やはり私が一番、喋り続けたが、酔いが回ったのか焼酎を水のように飲み続けるK君が、私の発言に1つ1つ、あまり面白くない「突っ込み」を入れる。

 

面白い奴だ。

 

2時間の飲み放題時間を過ぎ、また追加で私は焼酎をオーダーし、1回目の飲み会は終了した。

 

実に楽しい、そして有意義な会談であった、またすぐにでも開きたい

 

M社長のマジェスタ

 

3日目、さすがに若干二日酔いで目を覚ます。

 

夜半に1度も目を覚まさず、グッスリであった。

 

オフィースまで迎えに来てくれた、例のM社長のマジェスタに乗り込む。

 

内装は、色は違うが、私のゼロ・クラウンと、ほぼ同じだ。

 

しかし私のクルマは2,500CC、社長のマジェスタは4,300CC、静寂性が2回りも違う。

 

また純正のカーナビ、これが値段だけのことはあり優れている。

 

曲がる交差点の名称まで音声でアナウンスし、また運転席前方のウインドシールドガラスにも矢印がでる、更に高速道路では、渋滞情報までアナウンス、バックする時は後方の画面に切り替わる。

 

私の記憶ではゼロ・クラウンの純正カーナビは、50万円以上もした筈、その値段は、やはり疑問だが機能は充実していると感じた。

 

ゼロクラ系のドアロック解除

 

顧客での打合せを終え、互いに時間節約の目的で高速道路のサービスエリアで昼食を摂ることとする。

 

クルマを停め、速度反応で自動でロックされたドアー、社長は、「アンロック」のボタンを押してロック解除、それを見た私、

 

「社長、いちいち、ドアのロックを解除するの面倒では無いですか?

 

シフトをパーキングに入れると、ドアロックが自動に解除される変更方法、このゼロ・クラウン・シリーズの裏技みたいにあるんですが、知りませんか?」

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ