海外旅行・滞在・出張を有意義で快適な旅に

韓国 ビジネス・ライフスタイル

韓国 ビジネス・ライフスタイル

ソウル南大門

ソウル南大門

韓国は私が仕事で一番最初に出張した外国です。

 

韓国でのビジネスの模様、また2000年前後当時の韓国の人のライフスタイルなどのレポートをご紹介しています。

日本の韓国ブームと日韓の歴史認識の違いを理解する

ここ数年、日本は韓国ブームである。私の周囲でも韓国に観光に出かける人が非常に多い。韓国は、私が仕事で一番最初に行った「外国」である。お隣の国その後、何回も訪れているが、やはり、かつての日本と同じでオリンピックを境に、かなり発展したと思う。日本に追いつけ、日本を追い越せという意識が強く、また同時に、M...

≫続きを読む

 

金浦空港の武装兵士や毎日の空襲警報に準戦時下という認識を持つ

もう、かれこれ何十年近くも前になるが、最初に韓国の金浦空港に降り立ち、到着ロビーに出た時、さすがに少、驚いた。空港のロビーには、武装した兵士が居るのだ。準戦時下という認識を肩からマシンガンを提げている武装兵士が、空港の全ての出入り口に2人づつ歩哨していた。当時は現代と比べて、かなり「北」からの脅威が...

≫続きを読む

 

韓国ならではの習慣や儒教の教えを知る事も海外を旅する楽しみの1つ

日本と韓国の習慣の違いで、私も韓国に行き初めて知ったことが多々ある。韓国独自の習慣まず、ご飯や、汁物が入ったお茶碗、これはテーブルに置いたまま食べる。ご飯なら、それを箸ですくい食べる、決して日本のようにお茶碗は持ち上げない。また女性は片膝を立てて座る、これが正しいマナー。男性に、何か言いつけられたら...

≫続きを読む

 

韓国お決まりの接待コースと辛いバクダンの一気飲み

今回は、韓国での「接待」をレポートする。個人的な意見だが、どうもアジア圏全般に共通していると思えるのが、「接待」の方法、及びコース。韓国でも、日本でも、中国でも、マレーシアでも、タイでも…お決まりの接待コース先ずは、食事をする。そこでも、かなり飲むのだが、その次に、「クラブ」へ…カラオケ付きが、最も...

≫続きを読む

 

ホステスさんにモテたい或る社長の韓国クラブと日本クラブの勘違い

今回も、韓国でのクラブでの話しを…ある時、とある外注の社長と韓国に行った。その社長は、韓国に行くのは始めてで、また、お酒が大変に好きで夜の接待を、とても楽しみにしていた。イミテーション専門店へいつも、にこやかで、楽しい人柄でもあった。ソウルに到着し、その日は仕事が無く、夜の会食まで特に何もする事が無...

≫続きを読む

 

二日酔いで真夏に冷房も無い田舎の焼肉屋で食べた最高の本場韓国焼肉

私が敢えてレポートする必要は無いとも思うが…韓国の焼肉、これは最高に美味い!私が最初に韓国に行った1990年代、まだ当時、サンチユで肉を巻いて食べるという事、日本では殆ど知られていなかったと思うが、ソウルで始めて、そうして食べた焼肉、これは感動モノであった。真夏の韓国の郊外で…とある夏に、韓国に仕事...

≫続きを読む

 

1990年代の韓国郊外とソウル市内の住宅事情

先に書いた焼肉屋での話、それに関連するが、今回の話も、あくまでも1990年代の話として…韓国郊外の住宅事情その焼肉屋で、トイレに立った。トイレの場所を聞くと、お店の裏にあるとの事。一度、店を出て裏手に回ると、トタンで造った小屋のような建物があった。トイレだと思い、その小屋の粗末なブリキを打ち付けた戸...

≫続きを読む

 

1990年代の韓国のマイカー事情とモンゴロイドという人種について

韓国の発展も、目覚しいモノがある。私が最初に行った時、知り合いとなったチョンさん、中古車でもいいのでマイカーを持つのが夢の1つだと。韓国マイカー事情やはり1990年代の話ではあるが、彼がやっと中古車を買ったという事で、是非と誘いを受けて同乗したが、無論エアコンなど付いておらず、かなり暑かった記憶があ...

≫続きを読む

 

よく韓国人と間違われる私の実例を紹介します

私は、とにかく韓国で、韓国人に間違われる。いや、韓国だけでは無い。アメリカでもホテルの部屋にベッドメーキングに来たStaffが韓国人の場合、すぐにハングルで話しかけられる。その幾つかの実際例を紹介しよう。よく韓国人に間違われる実例ソウルで仲間がショッピングしていた時、お店の中で手持ちぶさたをしていた...

≫続きを読む

 

明佳男に似ていると言われた私は韓国の人達との意見交換を楽しむ

ある日、日本で韓国人3人と話をする機会を得た。我社から、その韓国メーカーに仕事を出すのだが、仕事が終わり3人を会食に連れて行った。今度は韓国人の俳優に似ていると…とても真面目な3人で、食事の間も仕事の話ばかりしている。「もう仕事は終わったので、仕事に関係無いハナシをしましょう!」この一言で、それなり...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ