メキシコ トラブル出張・シティー・モンテレー

メキシコ トラブル出張

メキシコのホテル

メキシコのホテル

2004年1月、中国からメキシコに海外出張した時のレポートです。

 

直前に高熱を出してしまい、体調の悪いままメキシコに移動しましたが、その後も色々なトラブルに遭遇した出張でした。

 

またメキシコシティー、モンテレー、ラモスアリスペ、レオン、グァナファト、アグアスカリエンテスの海外レポートもお伝えします。

高熱を出したままビジネスクラスでミネアポリス経由メキシコへ

2004年1月のMexico行きの直前、熱を出した。中国のヤンタイより帰国し、翌日より高熱を出した。2003年も、タイ、中国から帰国して、2回とも、40度近い高熱を出したが、万が一でもSARSでは、と思うと、周囲への影響を考え、「えらいこっちゃなぁ~!」と思ったものだ…もしもSARSなら…もしも…万...

≫続きを読む

 

コックピットの見学をリクエストするが入室は着陸してからと言われる

食事の希望を聞きに来たCAに、洋食を頼み、そしてコックピットを見学させて欲しいとリクエスト。「息子が、大の航空ファンなので、747-400のコックピットの記念写真を見せたら喜ぶだろうから、もし出来ればコックピットを案内して欲しいのだが…」と、親切なCAにリクエストしてみた。フライト中は入室禁止「関係...

≫続きを読む

 

隣のシートに現れたボーイング747ジャンボジェットの機長との会話

突然、私の隣のシートに現れたジャンボジェットの機長との会話…サラダにも、ほとんど手を付けず、もちろん、そのアトのメインディッシュのフィレ・ステーキも、殆ど食べず、キャプテンとの会話に熱中した。機長との会話に熱中あまりに会話に熱中していて、ステーキが完全に冷めてしまい、それに2人が気付いて大笑い!キャ...

≫続きを読む

 

ミネアポリスからメキシコ・モンテレーへの移動中に発熱し悪寒が

当時、アメリカのミネアポリスは、氷点下15度。アメリカン航空に乗り換えて、目的地のメキシコはモンテレーに向かう。ここから、体調が悪くなってきたのが実感出来た…再び発熱熱が出てきて、悪寒がしてきた。メキシコのモントレーに向かう飛行機の機内で、自分の体調がドンドンと悪化していくのが分かった。カラダの震え...

≫続きを読む

 

胃腸薬を服用して熱が下がるというプラシーボ効果をメキシコで実体験

もう一度、例のクスリを飲む。しかしクスリが、なかなかと効かない。悪寒が、ひどくなる… 効かない薬仕方ない、頓服を飲もう…カラダが熱くなり、汗がドッと出てきた。それに伴い体温が下がるのが、これも実感出来た。深夜になっても時差ボケで、殆ど眠れない。熱のせいか眠っているのか、それさえハッキリしない…翌朝、...

≫続きを読む

 

会議でパソコンにミネラルウォーターがかかり完全にアウトとなる

翌日、何とか熱が下がったので顧客の会社に向かう。会う人会う人、「もう、大丈夫か?」と声をかけられた。ありがたいものだ。パソコンが水びたしに…Meeting が始まる前に、顧客が私の体調を気遣ってくれ飲み物を用意してくれた。スッキリするだろうと、炭酸入りのミネラルウォーターを用意してくれた。しかし… ...

≫続きを読む

 

メキシコのソルティーヨという小さな街での日本語とメキシコ人顧客

メキシコ出張の目的地は、ソルティーヨという小さな街。モンテレーという都市から、クルマで1時間半のトコロにある、メキシコの中央よりも少し北のトコロ。治安も良く、人々も、とてもフレンドリーで、顧客も、どちらが「お客」か分からないような対応をしてくれる。ソルティーヨでの変な日本語Hotel の Staff...

≫続きを読む

 

カカア天下という日本語が大流行しているメキシコ人顧客のオフィース

今回、私と会うなり、彼等もオカシナ日本語を言う。「mikioさん! 私は、まだカカア天下です!」カカア天下彼らと以前食事をした時、彼らが会社の帰りに、奥さんに頼まれた買い物をしたり、奥さんの送り迎えをしたり、とにかく奥さんが家庭での主導権を持っている、という話題になった。また、彼等が来日した時、実に...

≫続きを読む

 

美味いメキシコ風シュラスコとコロナ・ビールとテキーラと

以前、メキシコ出張はメキシコシティー経由で、メキシコ国内の各地に飛んでいた。メキシコシティーは、英語も日本円も全くOK、ただし治安が最悪。緊張を強いられるメキシコシティー銀行の入り口には、マシンガンを構えたガードマンが左右2名、立っているし、信号待ちのクルマには、物乞いが必ずやって来る。この物乞いも...

≫続きを読む

 

メキシコでの最終夜とホテル内の賑やかな週末パーティー

メキシコの顧客の Office に居た時、夕方突然、子供の声がした。顧客の Staff が、我が子達を自分の Office に連れて来たのだ。こういう習慣は、日本には殆ど無いが海外では結構、見られる風景だ。親の働く環境を子供に紹介するその子供たち、父親の Office が珍しいのだろう、PC、その画...

≫続きを読む

 

ビジネスクラスだったが霧のためにヒューストンへのフライトが遅延

帰りの便は、アメリカのヒューストン経由。5時にHotel を出て、モンテレー空港には6時過ぎに到着。途中、霧がかなり出ていてヒヤヒヤした。シートナンバー1A空港に到着し、チェックインを済ませると、モンテレーからヒューストンのフライト、シートナンバーが、何と「1A」。やった!ビジネス・クラスだ!ラッキ...

≫続きを読む

 

翌日にスーパーボールを控えたヒューストンで余儀なく一泊する

結局、2時間近く遅れて、離陸。私の席は、1A。つまり、最前列。いつでもキャビン・アテンダントに話が出来る。スーパーボール彼女に、ヒューストンでの乗り継ぎを聞くが、それはもう完全に不可能、との事。「明日から、ヒューストンではスーパーボールの試合があるので、到着したら、すぐに Hotel を手配して下さ...

≫続きを読む

 

ハーフタイムショーでのジャネット・ジャクソンの件を帰国後に知る

PCの故障でインターネットに接続出来ないので、帰国が1日遅れる事を自宅に国際電話で連絡する。TVではスーパーボールの試合の前イベントの模様を大々的に報道している。ハーフタイムショーのジャネット・ジャクソンジャネット・ジャクソン等、有名なタレントも続々ヒューストン入りしているらしい。ご存知の方、覚えて...

≫続きを読む

 

様々なトラブルを経て最後はJALのファーストクラスのシートで帰宅

やっとこれで、一安心… 機内でホッとしたら、またまた眠気が…成田に到着し順路に従って進むと、JALの掲示板に私の名前が…いつものJAL53便「Hirabayshi 様、昨日は、お疲れ様でした。名古屋への乗り換え便、一日の予定変更で本日、空席が有りません。JALの53便に替わって頂きます。 到着は15...

≫続きを読む

 

日本からはロサンジェルス経由でメキシコ・シティーへ移動

メキシコにも、何度も行っているが好きな国の1つだ。メキシコ・シティーは、世界で1番の人工過密都市という事を知っている人は多いだろうか?メキシコ・シティーへそして、世界で1番の高地にある首都でもある。我々の世代では、「メキシコ・オリンピック」が記憶に古くない。高地でのマラソン等に対する対策を、日本でし...

≫続きを読む

 

中南米特有の雰囲気の中で大好きなメキシコ料理に舌鼓を打つ

メキシコシティー空港から、NIKKO HOTEL まで TAXI で移動する。近年ディズニーワールドから、少し足を伸ばす日本人観光客も多いとの事。結構、日本人の団体客を見かける。中南米の共通点空港自体は、機能的で不便さは無い。町並みの印象は、やはり南米に近いものを感じる。ブラジルのサンパウロとも似て...

≫続きを読む

 

メキシコは物価は安いが電話帳のマシンガンを持つ武装ガードマン広告

メキシコのシュラスコ、個人的にはブラジルのそれよりも、私は好きで、美味しいと思うが、メキシコでの食事代は日本人の感覚にすれば驚くほど安い。安いメキシコの物価政府の方針で、生活必需の食料品の値段は低く抑えられている。パン、牛乳、ライス、豆等は、信じられないくらいに安い。スーパーで、牛乳とパンを2日分買...

≫続きを読む

 

神への祭殿ピラミッド「テオティワカン」とメキシコシティーの日本食

メキシコシティー郊外のピラミッド「テオティワカン」に行く。観光客とみると、土産物売りが、しつこくつきまとう。小泉首相も登ったトコロだ。神への祭殿テオティワカンこのピラミッドはエジプトとは違い、墓では無い。かつて太陽神をあがめていた時代、「いけにえ」をささげた、神への祭殿なのだ。頂上に登る。かなりの大...

≫続きを読む

 

アメリカ国境に近いモンテレーの日本食レストランでおチャケを呑む

メキシコ・シティーでは、何ら日本と変わらない日本食が食べられるが、これが地方では、色々と条件が変わってくる。モンテレーモンテレーという都市に移動する。ここはアメリカと国境が近い為、日本の企業が多く進出しているので日本食はOKだ。それなりに、都会で不便は全く無い。アメリカのフランチャイズレストランも多...

≫続きを読む

 

親しい間柄でしか使えないサルー!カブロン!カブロネス!

モントレーの街の中心部を外れると、すごい荒野が続く。顧客の在るラモスアリスペという町まで、120kmのスピードで飛ばしても2時間は掛かるが、この間、荒野の中に、ひなびたレストランを4、5軒、民家を20軒ほど国道沿いに見かけるだけで、あとは砂漠、荒野なのだ。延々と続く荒野ハリウッドもSF映画で、他の惑...

≫続きを読む

 

評価0点の田舎町レオンの日本食レストランの驚きのメニュー

メキシコの日本食に関して田舎の、例えばレオンという内陸の街に行くと、またまた条件が違ってくる。商社の現地採用のメキシコ人、セニョール「オスカー・ラミレス」が気を利かして日本食レストランを2軒、捜してくれた。田舎レオンの日本食レストラン1軒目…海外の日本食レストランは、たいがい、そうなのだが、その店に...

≫続きを読む

 

もう1軒の日本食レストランでもやはり同様のオカシナ日本食が

「mikioさんが、出てくるモノ、出てくるモノ、全部に驚いているのが分かりましたが…そうですか… そこまでヒドイですか…」もう1軒の日本食レストランオスカーが少々、気の毒であったが私よりも、もっと大切な日本からのゲストを迎える機会もあるだろうオスカー、やはりきちんと、評価を教えてあげるべきと考え、率...

≫続きを読む

 

怒るメキシコ人より上手の女性レストランオーナーと共に楽しく食事

彼にすれば、日本からの大切なゲストを接待するつもりが、変な料理ばかり出されて面目を失った事になるのだ。かんかんになって、「この店のオーナーを呼べ!」と、ウェイトレスに怒鳴っている。怒るメキシコ人「オスカー」オーナーは女性だった。オスカー、いわく「この店の日本食は、すべてインチキだ!無論、料金は払わな...

≫続きを読む

 

親切なホテルのオーナーを客引きのタクシー運転手と勘違いした私

「日本人だね? 誰かを待っているのかね?何時の、待ち合わせだい?」一通りの答えをすると、「あなたの友人はシティーから飛んでくる。先ほどの NEWS で飛行機が遅れると言っていた。待ってる間にビリヤードでもどうだい? ビールも飲める。」タクシー運転手の客引きと…私は、彼をタクシーの運転手と判断した。こ...

≫続きを読む

 

セニョール「オスカー・ラミレス」とユネスコ世界遺産グァナファトへ

メキシコ人「オスカー」とは色々と楽しい想い出があるが、それをランダムに紹介してみよう。グァナファト週末を挟んだ出張となった時、レオン近くの観光地に、オスカーが案内してくれた。初日は、グァナファトという街で、ここはユネスコ世界遺産に指定されている。ミイラ博物館で有名な街でもあるが、中世のスペインの街並...

≫続きを読む

 

アグアスカリエンテスで闘牛は見物出来なかったがキルメスを楽しむ

翌日は、アグアスカリエンテスにオスカーに案内された。アグアスカリエンテスは、日産自動車の工場もあり今ではツアーにも組み込まれている有名な街だ。闘牛見物に誘われるが…そこで闘牛があるので観に行こう、とオスカー。私は、素直に、「牛が殺されるのは、見たくない。」と告げたが、オスカーは、「多分チケットが入手...

≫続きを読む

 

帰宅したコックのせいで食事が出来なかったメキシコのレストラン

どうもオスカーとのメキシコでの食事には、トラブルが付き物…?牛の脊髄を食べるオスカー闘牛を見損なった帰り、彼の勧めるレストランに。そこで、オスカーがオーダーした牛肉料理とは…牛の脊髄…あの、「闘牛の牛を食べる」という悪いジョーク、それにも繋がる程の料理であった…詳しくはReportしないが、彼の対面...

≫続きを読む

 

誕生日にメキシコに渡った時は38時間の長い誕生日を楽しんだ

実は、私はメキシコ人が好きだ。基本的に真面目なのだ。人に言わせると、スペインに占領された民族なので卑屈な国民性で好きになれない、ブラジル人の方が陽気で好きという人も多い。真面目な人が多いメキシコ人確かに、それは言える。が私はブラジル人の陽気さ、イコールいい加減さが嫌いだ。そんなブラジル人よりもメキシ...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ