サンパウロの中心部のノミの市見物と英雄アイルトン・セナの想い出

サンパウロの中心部のノミの市見物と英雄アイルトン・セナの想い出

休日に、サンパウロの中心部に出かける。

 

クルマが信号に停まるたびに、売り子が、そして乞食がクルマに寄って来る。

 

メキシコと同じだ。

 

サンパウロの中心部のノミの市

 

街の中心部では、ノミの市が開かれている。

 

公園に、広場に一杯の露店。

 

お客よりも売り子の方が、かなり多い。

 

土産物となる物品を売っている露店が多いが、どこも同じようなモノを売っている。

 

アイルトン・セナの想い出

 

市の見物後、アイルトン・セナの墓に向かう。

 

あのセナが事故で死亡した1994年の5月、私は日本に居た。

 

当時、ブラジルProjectに従事しており、同じく日本に来ていたブラジル人グループを休日の日本観光に連れて行く予定をしていた。

 

待ち合わせの朝、彼等が滞在していたホテルにPick Upに向かった。

 

その日は、セナが事故で死亡した翌日であった。

 

彼等とロビーで顔を合わす。

 

全員と握手しながら、朝の挨拶を交わす。

 

皆、笑顔だ…

 

あのNEWSを知らないようだ…

 

私が、

 

「昨夜、TVを見たかい?」

 

「いや、時差ボケのせいか、すぐに眠ってしまった。」

 

「そうか… 実は、とても悪いNEWSがある。

 

昨日、F1サンマリノ・グランプリがあった事は知ってるよね…

 

そのレースで、セナが事故で亡くなった。」

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ