ブラジルの合理的で有益な奨学金付きの教育支援制度に感心する

ブラジルの合理的で有益な奨学金付きの教育支援制度に感心する

サンパウロから、サン・カエターノという街に移動する。

 

その街にも顧客の工場、オフィースがあるのだ。

 

オフィースを掃除しに来る小学生

 

我々Staffの仕事用に、顧客からあてがわれたOfficeに入る。

 

飲み物、そしてクッキー等が、いつも置いてあり、その優しいブラジル人のアレンジメントに感謝の念を感じる。

 

するとそこに、小学生くらいの男の子が2人、入ってきた。

 

手には掃除道具を持っており、我々の部屋を掃除し、それが終わるとテーブルの上に有るお菓子をジイッと見ている

 

子供らしい仕草を、微笑ましく感じ、「どうぞ!」と、クッキーを、彼等の両手一杯に渡すと、「オブリガード!」と満面の笑顔になり部屋から駆け出て行った。

 

かわいいものだ、と思うと同時に、何故小学生が、こんなトコロで掃除を…?

 

合理的で有益な教育支援制度

 

部屋に来たブラジル人の顧客、サントスに、これを聞いてみた。

 

「彼等は、成績優秀な小学生なんです。

 

成績が良くて、礼儀正しく、ルールを守れる子供、しかも家が貧しい生徒、彼が、もし働いてお金を稼ぎたいと思う場合、試験を定期的に受け、それに合格したら働いても良い、という制度があるんですよ。

 

働いてばかりで、成績が落ちたら、労働する事は許されないんですが、子供が家計を助ける為、ある程度の労働が認めらているんです。

 

実は私も、そういう制度を子供の時、利用しましたし小学校から大学まで奨学金で通いました。

 

定期的な試験の為、頑張って勉強しましたし、それは私の誇りです。」

 

なるほど…

 

非常に、融通の利く制度であると感じた。

 

サントスが、それ以降、一回り、大きな人間に見えた。

 

それを知ってからというものの、我々の部屋に来る度に、彼等にお菓子などを渡し、簡単な英語の単語を羅列して会話を楽しんだ。

 

しかし成長した彼等が、どこかの国のヤワな若者と対峙した時に、その人間としての差が歴然となるのは明らかだろう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ