インフレーションによる値段付け替え作業対策のため値段を番号で管理

インフレーションによる値段付け替え作業対策のため値段を番号で管理

サン・カエターノという街、大都会のサンパウロとは違い、のどかな一面を持つ街で日本食レストランもある。

 

我々が宿泊していたホテルの屋上にはプールがあり、休日などはビルの屋上で、プールサイドのデッキで横になり、のどかに日中を過ごしたりもした。

 

あまりに安いCDに驚く

 

ある日、街中にショッピングに出かけた。

 

とあるモールの中のCD売場に入った。

 

好みのジャンル、アーチストを探して、とあるCDを手にして、少々驚いた。

 

非常に安いのだ。

 

ブラジル通過レアルを日本円に換算する… 

 

安いなぁ!

 

よし何枚か買って行こうと、物色を始める。

 

それぞれの値札を見るが、何かオカシイ…

 

あまりにも値段の差が、ありすぎる…

 

数枚のCDを手にしてレジに行く。 

 

そこで聞いてみた。

 

「何故、このCDは、この値段で、こっちは、その倍の値段なのですか?」

 

レジの女性、ビックリしたような顔をしている…

 

私の英語が通じなかったのか、と思っていたら彼女、急に笑い出した。

 

番号札を値札と勘違い

 

「これは、値段ではありません。 ただの番号です。

 

この番号をレジでチェックして、値段をレジで計算するんですよ。

 

お客さんは、日本人ですか? ブラジルのインフレを知りませんか?

 

CDの値段もインフレで、それこそ毎週、値段が変わります、ですからいちいち値札を張り替える事など出来ません

 

なので、番号で管理してるんです。」

 

なるほど!!

 

当時は、かなりインフレが沈静化してはいたが、こういジョークがブラジルでは流行したものだ。

 

「タクシーよりも、前払いのバスを使いなさい。何故なら、タクシーは後払いなので、目的地に到着するまでに、インフレで運賃が倍になるから。前払いのバスなら、最初の金額で目的地に着けるから。」

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ