ホームパーティー1:生粋の陽気なブラジル人バラさん家族と本格BBQ

ホームパーティー1:生粋の陽気なブラジル人バラさん家族と本格BBQ

ブラジルに滞在中、2回、家でのPartyに誘われた。

 

2軒とも、彼等が日本に来た時に私が世話をした人物。

 

一人は生粋のブラジル人バラさん、もう一人は日系ブラジル人タケウチさんであった。

 

生粋のブラジル人バラさん

 

先ず、バラさんの家に招かれた。

 

家族全員でのお出迎え、ご主人のバラさん、奥さん、15歳ほどの娘さん、10歳ほどの息子さんの4人家族であった。

 

バラさんは、庭でお肉の塊を焼いている。

 

その肉が焼きあがるまで、ビールや、カイピリンニャーを飲み歓談をする。

 

こういう事、つまり家に招かれる事もあろうかと、お土産の準備をしていた。

 

お土産は日本の文具。

 

これがブラジル人には、とても評判が良い。

 

特に喜ばれるのが、パステルカラーのシャープペン、そして蛍光ペン、そして、面白いデザインの筆記具…

 

これらを組み合わせて、バラさん一家にプレゼントをする。

 

特に息子さんは、目を輝かせるように筆記具を見ている

 

贈呈した側としても、実に嬉しい。

 

私が書いたモノを大切に保管してくれていた

 

バラさんの家を、一通り案内して貰う。

 

バラさん夫婦の寝室には、日本製のオーディオがあった。

 

「我家の音響製品の中で、この日本製のモノが一番良い。

 

音もさることながら、機能が充実している。

 

やはり日本は、素晴らしい国だ。」と、バラさん。

 

彼、日本に来た時、やはり日本製のビデオ・カメラを購入したが、取扱説明書が日本語だけだったので、私が重要なトコロは英語に訳して、プリントアウトして渡したりしたが、その紙を取り出してバラさん、

 

「貴方がくれたこの説明書、今でも大切に保管してありますよ。」

 

訳してあげた方としても、嬉しいものだ。

 

肉が焼けたようだ。

 

庭に集まり、再度、乾杯!

 

ブラジル特有の「シュラスコ風BBQ」、ホストであるバラさんが満面の笑みで、肉を切り私のお皿に乗せてくれた。

 

楽しい一夜であった。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ