ホームパーティー2:日本人の誇りを守る日系ブラジル人タケウチさん

ホームパーティー2:日本人の誇りを守る日系ブラジル人タケウチさん

ブラジル滞在中、もう一人私を自宅に招いてくれたのは、日系ブラジル人のタケウチさん。

 

日系ブラジル人のタケウチさん

 

外観からは、日本人そのもの

 

奥さんも見ただけでは、日本人そのもの。

 

私の訪問を喜んでくれたタケウチさん、親戚、そして、ご近所の人も、そのPartyに誘ったとの事で全員で10人ほどの人が集まった。

 

やはり、彼の家の庭で、同じ「シュラスコ風BBQ」が始まる。

 

お酒を酌み交わしながら、最近の日本について質問を受ける。

 

また、タケウチさんのご近所からは、タケウチさん一家の評判を聞く。

 

「彼は、素晴らしい。日本の文化、伝統を守っている。それは、ブラジル人として、尊敬に値する。」

 

 

バラさんの家でも渡した、日本製の筆記具をプレゼントとして渡す。

 

喜んでくれた子供達、自分の部屋を案内するという。

 

どこの国の若い子の部屋は、似ているものだ。

 

人気俳優や歌手のポスター、CDコンポ、カラフルなベッドカバー…

 

ふと日本に居る自分の家族を想い出す…

 

庭からタケウチさんの声がする。

 

「mikioさ~ん! 記念写真を撮りましょう!」

 

庭に出ると、タケウチさん、自分の子供に、こう日本語で命じた。

 

「写真機を、持って来なさい。」

 

そう、カメラでは無く、「写真機」

 

Partyが終わり、Hotel に戻ろうとする私に、

 

「日本の貴方の、お子さんに!」

 

と、ブラジルで有名なサッカーチームの、ユニフォームの上下一式をプレゼントされた

 

帰国して、それを息子に渡したが、彼の宝物となり、多分一度も着ていない、と思う。

 

海外で生きる日系ブラジル人家族、本国の日本人よりも正しく日本人としての伝統を守り、そして先祖が日本人だという誇りを持って生きている、素晴らしい、見習わないとイケナイと、つくづく感じた。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ