拷問に近いブラジルから日本へのエコノミーでのフライト

拷問に近いブラジルから日本へのエコノミーでのフライト

帰国の為、空港に向かう。

 

またまた信号待ちでクルマが停まると、売り子が寄って来る。

 

ただ、ブラジルならではの「売り子」グループにも遭遇した。

 

それはビキニ姿の若い女性が数人、信号で停まったクルマに駆け寄り、パンフレットを配る、というもので、これはアイデア勝ち、受け取らない男性ドライバーは少ないだろう。

 

ちなみに配布していたチラシは、高級マンションのパンフレットであった。

 

帰国はエコノミークラス

 

さて、行きはビジネスクラスだったフライト。

 

帰りが、どうしてもビジネスが取れない。

 

エコノミーでさえ、空席待ちが多いと…

 

致し方ない、エコノミーで帰国する。

 

忘れもしない、雷雲の中を上昇するジャンボ・ジェット、稲妻の閃光で機内がカメラのフラッシュを焚いたようになる。

 

あの時のフライトほど恐怖を感じたフライトは、いまだに無い。

 

日本までの移動時間、今回はトランジットの時間を含めて24時間

 

サンパウロからロサンジェルスへ。

 

1時間半の給油休憩。

 

トランシットでうたた寝を…

 

一人で移動した時、時差ボケとフライトの疲れからか、このロス空港の待合室でうたた寝をしてしまった経験がある。

 

そのトランジット専用待合室はメキシコに行く時も使用するので、私には、「慣れた」場所であった。

 

その慣れがイケナカッタのか、ふと目を覚ますと、何十人も居たトランジットの人々、周囲には誰も居ない…

 

シマッタ!!

 

慌てて待合室のドアーを開けて通路に出ると、警報ブザーが高らかに鳴った。

 

それを聞きつけた空港警官、数人に取り囲まれたが、ボーディング・パスを見せたら、すぐに急いで何番ゲートまで行きなさい!と。

 

走って、そのゲートまで行き、何とか飛行機に乗れた経験があるが、あの時は、やはり焦った…

 

さてロスから、また日本までのフライト…

 

日本の古いタイプのコタツ、あれ、脚がネジ式で外せるようになっていた。

 

帰路、自分の脚が、あのように、クルクル回して外せることが出来たらいいにの…と、真剣に思った。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ