海外旅行・滞在・出張を有意義で快適な旅に

フランス パリ シャンゼリゼ

フランス パリ シャンゼリゼ

パリ凱旋門

パリ凱旋門

フランスへ会社からの命令で海外研修ツアーに出かけた時の模様で、パリのシャンゼリゼ通りでの出来事をレポートします。

 

シャンゼリゼ通りのレストランでの間抜けな食事、ルーブル美術館、コンコルド広場、ルイヴィトン本店などの観光レポートです。

エスカルゴが美味しいとガイドブックに紹介されているレストランへ

エッフェル塔を降り、シャンゼリゼ通りを散策。色々なお店や、小さなモールを散策する。さすがに華やかさを感じる。思いのほか、クルマの走るスピードが速いので、驚いたが…ガイドブックを頼りにフランス・レストランへ私に付いて来た例の若い2人組みが、「エスカルゴが美味しいと、ガイドブックに出てるレストラン行きま...

≫続きを読む

 

お店のお勧めステーキ肉の確認のために私に生肉を見せると勘違い

2人は私を真似して、ステーキでは無くてもいいので、この店のお奨めをオーダーしたいと言うので、そのまま英語に訳してウェイーターに伝えた。これから焼くお肉の確認!?ワインを持ってくる。私がテイスティングをしOKとすると、3人のグラスにワインを注いだ。3人で乾杯をした。ほどなく、私のオーダーしたステーキで...

≫続きを読む

 

良質な肉で作るタルタルステーキを出したのはドイツ料理レストラン

タルタル・ステーキは、ハンバーグのオリジナルという説もあるらしいが、私は、この時まで、タルタル・ステーキを知らなかったのだ…タルタル・ステーキを知らなかった私また、ここまで読んで、勘の良い人なら気が付いたかも知れないが、タルタル・ステーキはドイツの料理なのだ。そう、エスカルゴが無かったこのレストラン...

≫続きを読む

 

焼いたステーキとタルタルステーキとどちらが好きかと問われれば・・

タルタル・ステーキは生肉なので、気持ち悪い… そんなモノ、食べられるのと、思われた方が多いと思うが…先ず生肉という先入観からくるモノ、これは私の場合、殆ど無かった。タルタル・ステーキとは見た目は、焼く前のハンバーグ・ステーキ、そのもの。そもそもハンバーグ自体、クズ肉も無駄にしないドイツ人の知恵より出...

≫続きを読む

 

ルーブル美術館の展示品数の厖大さと規模に圧倒される

翌日は、ルーブル美術館に行く。最寄の地下鉄の駅構内から、すでに作品が展示されている。駅から、既に美術館に一歩、足を踏み入れた感覚に成る。ルーブル美術館この日は、更に同行の人数が増え、4人の男性が私に付いて来たが、やはり集合時間を決めて館内では自由行動とした。ルーブル美術館、ここまでの規模とは思ってい...

≫続きを読む

 

コンコルド広場のルイ16世とマリー・アントワネットのプレート

ルーブル美術館を、丸一日かけて散策した私達、歩きずめで随分と疲れた。しかし、帰路は地下鉄を使わず、徒歩でコンコルド広場に向かう。コンコルド広場誰か、VIPがパリ市内に来るのか、パトカーが並び警官の数も多かった。パリでは何となく、この警官の姿も、少々粋に感じる。このパリの街の中心部に向かう地域では、小...

≫続きを読む

 

メトロを使いパリを散策するがルイヴィトン本店には大勢の日本人が

パリではホテルから中心部に出る時、地下鉄を利用した。いわゆる、「メトロ」と呼ばれるモノだ。メトロ列車の中で、また駅の構内で、ギターやサクソフォンの演奏に出くわす。その演奏に気に入った人が、コインを渡す。近年、この地下鉄での演奏は地下鉄当局の許可制に成ったとの事。オーディション等で審査を受け、合格した...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ