アトーチャ駅であまり通じない英語に四苦八苦しながらも旅行スタート

アトーチャ駅であまり通じない英語に四苦八苦しながらも旅行スタート

「トレド」という古都を観光する為、タクシーで、アトーチャ駅に向かった我々6人。

 

2004年3月、列車爆破テロのあった駅である。

 

あのNEWSを最初聞いた時、やはり、ショックであった…

 

アトーチャ駅

 

アトーチャ駅、大きな駅で、いかにもヨーロッパらしい駅である。

 

さて6人分の切符を買わなくてはイケナイ。

 

正直言ってその時、あまり英語は通じなかった

 

ううむ… 

 

思った以上に英語が通じないな…

 

なかなかと通じない英語、スペイン語に四苦八苦しながらも、なんとかキップを購入し、またプラットフォームの番号を確認する。

 

教えられたプラットフォームに行くと、列車到着寸前、プラットフォームが変更らしいアナウンスがあった。

 

ドタバタ日帰り観光スタート

 

到着時間も、どうも遅れると言っているようだ…

 

これも確信が持てない私、駅員をつかまえ何度も確認する。

 

やはり、プラットフォームが変更となったようだ。

 

それを皆に伝え、アタフタと階段を登り新しいプラットフォームへ…

 

何とか事なきを得たが、完全に私は「ツアコン」…

 

「いやあ、やはり平林さんに来て貰って助かりましたよ!

 

我々だけなら、いつまでも列車の来ない、あのプラットフォームに居たかも…」

 

人の役に立つのは、そして感謝して貰えるなら喜んで!

 

無事、列車に乗り、一安心。

 

こうして、我々のドタバタ「トレド」日帰り観光がスタートした。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

アトーチャ駅であまり通じない英語に四苦八苦しながらも旅行スタート関連ページ

スペインのマドリードの商店でも日本人観光客用の日本人店員が居た
マドリードのホテルにチェックインしお勧めのレストランを尋ねる
マドリード中心部のホテルお勧めスペイン料理レストランでディナーを
レストラン自慢の生ハム料理の1つは典型的な朝食そのものだった
プラド美術館のゲルニカの迫力に圧倒され時間を忘れ立ち尽くす
マドリードのコンビニエンス・ストアーPaseoでグリコのMIKADOを買う
古都トレドに行きませんかと誘われ承諾し合計6人での小旅行となる
トレド駅では更に英語が通じないが古都トレドの散策を開始し感動する
城砦都市トレドの地元の小さなカフェでトレドの住人と共に昼食を摂る
トレドの名産品のゲルニカを焼いた絵皿を自分のお土産として購入する
トレドの教会とエル・グレコの家を観光し程よい保存状態に感心する
「迷わずトレドに行きなさい」とされるトレドで道に迷った我々
スペイン最後の夜フラメンコショー見物するがマナーの悪い客に遭遇
マナー違反を咎める常に同行して来た2人組みの成長を嬉しく感じる
ツアー中いつも私に付いて来た2人組みを日本人の誇りと称える

ホーム RSS購読 サイトマップ