海外旅行・滞在・出張を有意義で快適な旅に

アメリカ デトロイト

アメリカ デトロイト

デトロイトの友人マーク

デトロイトの友人
マーク

色々なアメリカの都市の中でも、最も出張、滞在回数の多いデトロイトでの滞在模様をレポートします。

 

アメリカの空港、レンタカー、ホテル、友人と誘われるパーティー、食材、フリーウェイのドライブ、オフィースの模様などをレポートしています。

アメリカ・シカゴ・オヘア国際空港からデトロイト空港に到着

アメリカ、何といっても陽気な人間が多い。そして、その日その日を大切に、愉快に、有意義に過ごそうという意志が感じられる。私の大好きな言葉。Have a Good Day !もう1つ、Do Your Best & Take It Easy !いろんな都市に行った。西海岸側では、ロス、サンフランシ...

≫続きを読む

 

ニューヨークに行く空港内の日本人観光客とデトロイト空港レンタカー

デトロイトは観光する都市では無い。映画「ロボコップ」で有名になった、かつては黒人の暴動で有名になった工業都市、最近ではGMの破綻で、マスコミに度々取り上げられた都市だ。空港内の日本人観光客今では、もうかつての危険な都市というイメージは無い。観光とは無縁のビジネス都市だった。「だった」というのは、最近...

≫続きを読む

 

フリー・ウェイを走りホテルにチェック・インするがチップに辟易する

フリーウェイに合流する。実に走り易い。しかも快適。無論、無料。アメリカのフリーウェイのナンバー日本人はあまり知らないようだが、アメリカ本土を縦に、横に走るフリーウェイ、大陸を縦に走る道は奇数、横に縦断する道には偶数のルート番号が付けられている。合理的だ。あまりにも合理的というのも、味け無いが…色んな...

≫続きを読む

 

デトロイトの美味しい食材とフレンドリーな習慣で気分良く仕事に

シャワーをあびて、待ち合わせのロビーに。顔なじみの日本食レストランへ。いつもの顔ぶれ。「お帰りなさい」と、声をかけらる。ニューヨークの食材デトロイトの日本食は旨い。これには理由があって、食材の殆どがニューヨークからのモノとの事。デトロイトからニューヨークまでは飛行機で1時間、非常に近い。だから味付け...

≫続きを読む

 

プライドを持ったハード・ワーカーと友人のボルドウィン・ファミリー

仕事、人間関係、週末、休暇、友人、家族を本当に大切にする。明らかに、生きるために働くのであって、働くために生きているのでは無い。意外と多いハード・ワーカーが、ただ陽気なのでは無い。仕事熱心な奴は、日本人以上に働く。休日返上、深夜まで働く。これはプライドの問題。良い意味で、プライドのしっかりしたアメリ...

≫続きを読む

 

クルーザーお披露目パーティーに参加し陽気で楽しくアメリカ人と会話

ボルドウィン夫妻より週末のPARTYに誘われる。今まで色々な個人のPARTYに参加したが、前回はB夫妻の友人の新しいクルーザーのお披露目PARTYだった。クルーザーお披露目パーティープロのバンドも呼び、シェフも雇い、素晴らしい屋外でのPARTYだった。300人以上は、集まった。参加費用は、料理、飲み...

≫続きを読む

 

設備が充実し便利な長期滞在型のホテルとアメリカン・サイズの食材

時には自炊もする。日本でいう、ウィークリーマンションのような1週間毎に契約するHOTELも有る。便利な長期滞在型のホテル普通のHOTELに比べ、室内のレイアウト、調度品が、仕事がしやすくしてある。無論、キッチンも付いている。スポーツジム、無料のレンタルVIDEO、小さな無人コンビニ、無料ランドリーも...

≫続きを読む

 

ありとあらゆるダイエット・フードとアメリカでの車の運転

牛乳を買う時は気を付けなくてはならない。多くのダイエット・フードダイエット・フードが本当に蔓延していて、これはミルクにも言えて、数十種類のダイエットミルクがあり、どれがどれかさっぱりわからない。何度か失敗して、やっとわかったのがビタミンミルク。これが、日本の普通の牛乳と同じ味。しかし、このタイプは、...

≫続きを読む

 

アメリカのフリー・ウェイを大型のアメ車のオート・クルーズで走る

次の日は、そんな長距離のドライブ。500km程離れた、コロンバスでの打ち合わせに、STAFFと向かう。500kmのドライブをどこまでも変わらない風景が、延々と続く。アクセルを踏まなくても良い、オート・クルーズが本当に便利だ。時々、日本でいうインターチェンジのような所に、たいていマックの看板がある。イ...

≫続きを読む

 

まだま日本人が学ぶべきことが沢山有ると感じるアメリカのオフィース

詳しいことは知らない、しかし顧客のオフィースでも、また私が属するグループ会社のオフィースでも同じだが、いわゆる会社の規定がアメリカには存在しているのか疑いたくなる。個人の自由とプライバシーを尊重セパレーターで個人個人のワークスペースが区切られ、プライベートな空間が確保され、その個々のデスクには家族の...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ