帰国が遅れた私に駆けつけて飛びつき「お帰り!」と言ってくれた娘

帰国が遅れた私に駆けつけて飛びつき「お帰り!」と言ってくれた娘

新しい中部国際空港空港が、2005年に開港。

 

場所は常滑沖で、我家からは随分と遠くなる。

 

以前の名古屋国際空港は、我家からクルマで30分前後の距離。

 

だが新しい空港には、クルマではアクセス出来ない、電車となる。

 

大きな旅行カバンを持ち、電車でなければイケナイ。

 

かつての名古屋国際空港には、実に色々と想い出が有る。

 

いつも家族で出迎え

 

何と言っても、忘れられないのは、ある日の娘の出迎え。

 

娘が、まだ幼稚園に通う頃の事である。

 

当時は、私が海外から帰国する時、空港まで家内がクルマで迎えに来ていた。

 

子どもたちも、たいがい一緒に迎えに来てくれて、家内が一人で迎えに来るという事は今までに記憶が無い…

 

必ず、家内プラス子供が私の帰国を出迎えてくれていた

 

そんな毎回の、いつもの出迎え、しかし生涯、忘れることが出来ない、あの時の娘の「お帰りなさい」は…

 

一目散に駆けつけた娘

 

確か、ヨーロッパから帰国した時だった。

 

当初の予定よりも、1週間ほど滞在が延びた出張だった。

 

家族は、それなりに一日でも早く帰国して欲しい、そう思っていた筈である。

 

私が空港の到着ゲートから、迎えの人が待つロビーに出てきた時、家内の傍に立っていた娘、私を見つけるなり、一目散に駆け寄って私に飛びつき

 

「お帰り!パパ!」

 

これには、ジーンと来た。

 

ウルウルしてしまった。

 

これが、私の最高の、そして何よりも、大切な名古屋空港の想い出である。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ