娘に弱い私が感動するであろうと考えた家内の優しい出迎えでのヤラセ

娘に弱い私が感動するであろうと考えた家内の優しい出迎えでのヤラセ

娘の感動的出迎え…

 

私が到着ロビーに現れるなり、一目散に私に駆け寄り、そして抱きついてきた娘…

 

いつも娘には弱い父親

 

娘には色々と嬉しい思いをさせて貰っているが、上海に8ヶ月滞在した時、当時は家内の父の容態が悪く、それもあって中国の携帯電話を持っていたが、上海から我家に電話をかけると、決まって娘は塾で不在であった。

 

帰国して、娘に言われた。

 

「パパ!

 

私の塾の日くらい覚えておいてよ!

 

いつも、私が居ない時に電話してきて…」

 

これも父親としては、くすぐったいような嬉しさを覚えたが、そんな、にやけた私を一番知っているのは、やはり家内だ。

 

その家内が、一計を案じたようだ…

 

家内の一計のヤラセ

 

空港で娘に飛びつかれるという、感動的な出迎えがあった、次の海外出張。

 

私の日本への帰国日、いつものように、家内、息子、娘が空港まで出迎えに来た。

 

私が迎えの人が待つ、国際線の到着ロビーに出た時、私は自分の家族が、そこに待っているのを見つけた。

 

娘は、家内の横に立っている。

 

私が出て来たのを見つけた家内が娘の背中を押している

 

口元を見ると、こう娘に言っている…

 

「パパが来たよ!

 

ほらパパのトコロへ、走って、走って!!」

 

ああ…

 

こういうのを、ヤラセと言うのだ…

 

家内に背中を押されている娘、当惑気味の顔…

 

また娘が駆け寄り、私に抱きつけば、またまた私が感動するであろうという、それはそれは優しいアレンジであった、らしい…

 

「全くもう… バレバレだよ!」

 

名古屋空港のロビーで、家族で大笑いをした。

 

これ、愉快な想い出である。

 

ただ、お断りしておくが、この「やらせ」の前回は、娘が自主的に、夢中になって、私のトコロに駆け寄った、これは紛れも無い厳然たる事実である。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ