決して忘れてはならない名古屋空港の中華航空機墜落事故

決して忘れてはならない名古屋空港の中華航空機墜落事故

名古屋空港での出迎えで、忘れてはならない想い出…

 

いや多分、生涯、忘れることが出来ない出来事…

 

それは中華航空機の墜落事故。

 

中華航空機墜落事故

 

中華航空機事故とは…

1994年4月26日20時16分頃、名古屋空港で中華航空機の台北発、名古屋行きエアバスA300 (搭乗者総員271名) が滑走路の南側から着陸しようとしたところ失敗し、滑走路南端着陸帯に墜落炎上した。

私は実は、その事故の、たった3時間前に名古屋空港に居たのだ。

 

顧客のブラジル人数人を、名古屋空港まで迎えに行っていた。

 

予定通り、ブラジル人を空港で Pick Up したのが、事故の3時間前の17時頃…

 

既に何回も日本に来ているブラジル人と寿司屋に行き、そこのカウンターで寿司を食べている時、TVの臨時ニュースで、この事故を知った。

 

さすがに、カラダが震えた

 

つい先ほどまで居た、あの名古屋空港で…

 

空の安全と悲劇

 

事故の様子から、かなりの犠牲者が居る模様…

 

一緒に居たブラジル人も、私がTVに釘付けで、微動だにしないので、

 

「あの映像は、名古屋空港か?」と聞いてきた。

 

「残念ながら…

 

そうだ…」

 

沈黙が流れた。

 

皆がTVに取り憑かれたようになっていた。

 

ただ一言、ブラジル人のリーダーが、

 

「恐ろしい…」と…

 

私は個人的に、先進技術の塊としての航空機、安全と、経済性と、進歩の象徴としての飛行機、それは大好きなのだが、しかし一旦事故が起こると…

 

あの、私が立ち去った3時間後に起きた凄惨な事故、これも決して、忘れられない、そして、あの滑走路から離陸する時、着陸する時、毎回私は心で合掌をしている。

 

「空の安全」の歴史は、実にこうした悲劇の原因を究明し、その対策を講じる事に拠り、開発、構築されている。

 

それを忘れては、決していけない。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ