私の第二の故郷 ロシア

私の第二の故郷 ロシア

投稿頂いた方 : 林 博子さん

 

ある団体を仲介として、ロシアにホームステイに行ったのですが、ステイ最終日、お別れパーティーが行われました。

 

パーティーは、ホストの友人の誕生日パーティーだったのですが、その方の娘さんが参加していて、妊娠中(8ヶ月くらい)でした。
聞けば、少し前に交通事故で旦那様を亡くしたとのこと…

 

会の中でそのことに触れていて、当時ロシア語をあんまり理解できなかった私でも、周りのみんなが何を言っているのか、なんとなくでしたが理解できました。

 

最後別れる時に、妊娠中の彼女に向かって、周りにいた高齢の女性が話した言葉…

 

「こんなに遠くの国に住んでいる人が貴女の見方なのよ。」

 

そして、妊娠中の彼女が私達に言ってくれた言葉。

 

ロシア語をあまり理解できない私達に向かって、国の教育ではあまり教えられていない英語で「サンキュー」と言ってくれた、あの瞬間が…

 

多分、一生忘れられない光景です。

 

゜*。・☆゜~*.*゜・☆。*~・。☆*~・。*゜・☆。*~・.*☆・゜*。・☆゜* ゜*。・☆゜~*.*゜・☆。*

 

Я  хочу  напомнить всем,  что  бы  почаще
Прислушивались  к  голосу  земли и
берегли
Все  то  живое,  что  окружает  нас.
Спасибо  за  то  что  дали  мне  жизнь.......

 

大地の声に耳を傾け、まわりに生きるもの全てを大切にして欲しい、命をありがとう!!

 

チェルノブイリ原発事故から20年、いまだ終わらない被害の現実。。。。

 

どんなに言い訳を言っても、きれいな言葉で飾り立てても、事故で悩み、苦しんでいる人の前では無力です。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ