ハナウマ湾でのピクニック・公共バス・セーリングなどを家族で楽しむ

ハナウマ湾でのピクニック・公共バス・セーリングなどを家族で楽しむ

幼い息子に家内は、ジンベイを着させ、その姿でワイキキを歩くと、陽気な外国人から声をかけられた。 

 

陽気な外国人に応える幼い息子

 

それに応えて息子、片手を挙げて、

 

「ハオ~…」 ( ハローの、つもり )

 

ハナウマ湾で、スーパーで買った食材でピクニックをしたり、ヨットでワイキキの沖に出たり、公共のバスを使い、色々なトコロにも出かけた。

 

ちなみに当時は、ハナウマ湾への食料品の持ち込み、ピクニックは禁止されていなかった。

 

家内の両親にも、喜んで貰ったハワイ旅行であった。

 

3回目のハワイ、日本を出発する時に義母が、「ハワイは、果物が美味しそう。」と、ナイフを持参して来た。

 

日本からナイフを持参した義母

 

海外は始めての義母、これを機内持ちこみの自分のハンドバッグに入れていた。

 

当然、危険物の機内への持ち込みは許されない

 

「機長預かりとさせて貰います。ワイキキに着いたら、受け取って下さい。」

 

ワイキキに着いた時、このナイフの事、誰も覚えていなかった。

 

皆、すっかり忘れていたのだ。

 

入国手続きを終え、ターンテーブルからカバンを取り、空港の建物の外に出て、レイをかけられ、あの歓迎のKISSをされて、その時になって、やっと想い出した。

 

封筒から出されたナイフ

 

「あっ! ナイフ!」

 

私が空港の建物に入り、エアーラインの事務所を探し、そのドアーを開け、中に入り事情を説明する。

 

「Here You Are!(はい、どうぞ)」

 

すぐに、中にナイフの入った封筒を手渡され、中身を確認してくれと。

 

封筒を開ける。 

 

間違い無く、日本で預けた義母のナイフだ。

 

サインをし、そのナイフを持って事務所を出る。

 

封筒も無しで、ナイフを裸のまま…

 

近くに居た警官が、こちらに向かって歩いて来る。

 

あ、しまった…!

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ