海外旅行・滞在・出張を有意義で快適な旅に

中国 2004年 2nd メキシコから帰還

中国 2004年 2nd メキシコから帰還

上海プードン空港

上海プードン空港

2004年の煙台でのビジネスの後半レポートです。

 

会社命令でプロジェクトの最終段階で急遽メキシコに出張となりました。

 

メキシコに出かけ、その後また再び煙台に戻り、プロジェクトの完了を見届けるまでのレポートです。

中国 2004年 2nd メキシコから帰還記事一覧

中国の旧正月当日にメキシコ出張のため急遽帰国することに

私は中国滞在の予定を切り上げ、中国の大晦日の翌日、日本に帰国し、すぐにメキシコに行かなくてはならなくなった。前半の煙台での最終夜ヤンタイでの私の最後の夜、皆で韓国焼肉を。遅れて焼肉屋に来た、メンバーの中で一番ひょうきんなStaff、大きなダンボール箱を持ってレストランに入って来る…何と、Hotelの...

≫続きを読む

 

中国の大晦日と旧正月の街中での打ち上げ花火

部屋に戻ると、あれ…?花火の音が、全くしない。異様に静かだ。鳴りを潜めている…まさに嵐の前の静けさ嵐の前の静けさ、か…11時45分。トコロドコロから、打ち上げ花火が…11時50分。その数が増えて行く…11時55分。Hotelの近所でも、花火が上がる…12時00分。堰を切ったように、バンバン、一斉に…...

≫続きを読む

 

プードン空港でリニアモーターカー見物しようとするが運転しておらず

煙台から上海プードン空港に到着、そろそろ国内線にチェックインしようと3階に向かう。途中で、「リニアモーターカー」の看板を見る。野次馬根性でまだ時間があるので、どんな駅なの、見てきてやろう!もしかしたら列車も見えるかも! 写真でも撮ってやろう!走っているトコロを数回見ているが、さすがに早くて、とても写...

≫続きを読む

 

1回でも受け取ると興味を示すと次から次へと売り込む中国人

メキシコでの仕事を終え、数日を日本で過ごした私、自分のProjectが気になりヤンタイにまた戻った。上海のプードン空港に到着し、カートを押しながら歩いていくとカードを配る中国人が寄って来た。一事が万事!?カードを配る彼等もカードを受け取って貰ってナンボの仕事、私も学生時代、チラシ配りのバイトをしたこ...

≫続きを読む

 

煙台Projectが順調に進行していた報告を受けホテルのバーでリラックス

ヤンタイのHotelにチェックイン。フロントの女性たち、私を覚えていてくれて、「お帰りなさい!」と、言われたのは、嬉しかった。順調だったProject地に残っていたStaffと、会食しながら報告を聞く。考えてみれば当たり前の事なのだが、私がメキシコに飛んだタイミングは、ここの仕事が1つの山を越えた時...

≫続きを読む

 

顧客から贈られた感謝状とクリスタルのトロフィーと終盤に感じる感傷

翌日、Liu君が合流した。逢うなり、「寂しかった。」などと言う。一緒に食事をする。感謝状と特製クリスタルのトロフィーこのレストランも、最初は、「ご飯」が美味しくなかった。おかしな、匂いがした。それが今では、殆ど気に成らないまで「改善」された。色々、メニューに無いモノも頼んだ。Liu君は顧客、外注のマ...

≫続きを読む

 

Projectが完了し仕事が無いので煙台にてショッピングを楽しむ

私の最後のヤンタイ訪問、1週間であったが殆ど仕事が無かった。それだけ、「問題無し」という事で、これは喜ばしい事なのだが…することが無くホテルに戻る顧客の方から、「明日、最終の打合せをしましょう。今日は、もうHotelに戻ったら如何ですか?」若干、後ろ髪を引かれる想いで、帰路につく。大袈裟に言えば、手...

≫続きを読む

 

五木ひろしを熱唱するナンバーワン通訳のKouさんに感謝の念を持つ

煙台市、風が強く、カラダ中が砂っぽい。明日の最終日には、顧客がPartyを用意してくれているので、今日がHotelでの最後の食事となる。男性通訳 Kouさん食事を済ませたStaff、2名はHotel内のBarに行くと言うが、私は最後の名残で脚マッサージに行く。マッサージを受けながら、目を閉じると、や...

≫続きを読む

 

素晴らしく礼儀の良い女性通訳のWangさんに忘れかけた礼節を見る

Projectの最初から最後まで通訳をしてくれたWangさん、中国語-日本語の通訳で27歳の女性。女性通訳 Wangさんお客の多くは英語が出来るので、少し複雑な話で通訳が理解出来ていない内容の場合、どうしても私が「英語」で話しをしてしまい、彼女が可愛そうな場面もあったが、その通訳の彼女、Wangさん...

≫続きを読む

 

自分は十二支の海老年の生まれブタ年も有るという可愛い女性通訳

Wangさんは27歳の若さで、通訳の仕事とは別に週に3回、日本語塾を開いているという。生徒は、上は60歳、下は13歳、50人ほどの塾で、生徒が日本語検定に受かると、とても嬉しいと言う。Wangさんこそ、「センセイ」なのだ。十二支ある時、Wangさんと会話していて、「私は、エビ年の生まれです。」とWa...

≫続きを読む

 

前金で払ったお金を麻雀で一晩で使い果たして困っていた中国人運転手

ヤンタイに滞在していた時、「マイクロバス」をチャーターしていた。少ない時は5名、多い時は18人ほどと成ったStaff、やはりマイクロバスでの移動が便利で安全。料金を前もって決めるので、揉め事も無い。中国人の運転手お客の会社の敷地にTAXIは入れないが、マイクロバスならば守衛に登録すれば、仕事をするO...

≫続きを読む

 

関係の無い私が議論好きな中国人に取り囲まれて仕事にならない場合

私はヤンタイの顧客のオフィースでは、周囲を中国人に囲まれたブースで仕事をしていた。隣も、向かいも、通路を挟んだ席にも中国人。セパレーターが有り、一応プライベートな空間は確保できるように、見えるが…一応は…これが何が、何が…セパレーター越しに話を私が仕事をしている、その真後ろに、ある中国人が来てセパレ...

≫続きを読む

 

打ち上げパーティーでの顧客からの感謝の言葉に感激をする

Projectの打ち上げParty、次から次へと追加の参加者が来て、40人のPartyとなった。通訳も3人、そのうち2人は、女性。 顧客の責任者のスピーチから始まる。素晴らしい仕事に乾杯!「感謝の言葉が見つかりません。 パーフェクトだ。 素晴らしい仕事に、乾杯!」これには、ジーンと来た。最大の贈り物...

≫続きを読む

 

常に心掛けたい今までで最高の仕事は「Next One!」というスタンス

打ち上げパーティー、2軒目は、カラオケ。通訳の女性も、「貴方は、歌が上手と聞いています。 私たちも行っていいですか?」私が、「勿論」と言う前に、顧客は彼女たちの手を引っ張っていた。乾杯と握手の連続一番大きな部屋に入り、カラオケ三昧!アップテンポの曲となると、皆ダンスをする。また、それの上手なこと!6...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ