無礼なラビットとキャストと好印象のカーチスとビッグモーター

無礼なラビットとキャストと好印象のカーチスとビッグモーター

各社集まった車買い取り業者は、それぞれ私のゼロクラウンを査定している。

 

私は家の中でインターネットで次のクラウンの中古車物件を探していた。

 

インターホンが鳴り、「ラビット」の査定営業マンが私を呼び出す。

 

「車の査定価格は売るタイミングで金額が変わる。」とか「何社も車買い取り業者を呼んでは大変ですよ。」とか言う。

 

その割には
「査定金額は今、上司がつかまらないので、まだお伝え出来ません。」と言う。

 

何度も呼び出すラビットとキャストの営業マン

 

家の中に戻った私に携帯電話をかけてくる「キャスト」の査定営業マンは、

 

「1か月先でも良いので、とにかく売却するという予約をして下さい。」などと意味不明の事を言う。

 

そしてラビットと同様、このキャストも査定金額を言わない

 

このラビットとキャストに、何度呼び出されたか…

 

人を呼び出して金額については何も言わないという呆れた不誠実さ…

 

確かに何社も車買い取り業者を呼んでは大変だ、お前たちのようないい加減な会社が居るから、そう感じた。

 

好対照なカーチスとビッグモーター

 

そんな中、すぐに金額を私に告げて「宜しくお願いします!」と帰っていった会社、それが「カーチス」だった。

 

結局、このカーチスが最も高い金額を提示してくれたのだが、このカーチスの営業マンはラビットとキャストとは好対照で実に気持ちが良かった。

 

私としても1万円でも高い査定、買い取り金額を提示する買い取り業者に売りたいが、出来ればカーチスに売りたい、そう感じさせる好青年だった。

 

またビッグモーターも印象は良かった。

 

査定をする前は、それはもう低姿勢で、「出来る限りのことはさせてもらいます!」などと言いながら、結局電話の1本も寄こさない、全く非常識極まりないラビットにキャスト…

 

今思い出しても不愉快だ、早く忘れるようにしよう。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

無礼なラビットとキャストと好印象のカーチスとビッグモーター関連ページ

日産 ブルーバードU 4代目 610型系 愛称は「ブルユー」
日産 ブルーバードU 4代目 610型系 最初のマイカー
トヨタ セリカXX 初代 A40/50系 トヨタ2000GTの顔
トヨタ セリカXX 初代 A40/50系 最高のマイカー
トヨタ マーク2 ライトバン X70型 優れた使い勝手のバン
トヨタ マスターエースサーフ 我家で最初の1BOXカー
トヨタ マスターエースサーフ 回転シートで団欒なドライブ
トヨタ カリーナサーフ T170型 驚くほどの高燃費エンジン
トヨタ カルディナ 初代 T190G/V型 フル装備のワゴン
トヨタ エスティマ エミーナ デザイン・使い勝手ともにグッド
トヨタ エスティマ エミーナ 家族団欒に貢献したエスティマ
トヨタ ソアラ Z30型 不人気でも素晴らしいクルマ
トヨタ ソアラ Z30型 さらば愛車ソアラ ラストラン 1/2
トヨタ ソアラ Z30型 さらば愛車ソアラ ラストラン 2/2
トヨタ エスティマ・エミーナ ( ディーゼル・ターボ ) の車検
トヨタ クラウン ( ゼロ・クラウン ) の購入
トヨタ エスティマ・エミーナの買い取り見積依頼
クルマ買い取り査定価格とゼロ・クラウンの納車
トヨタ クラウン S180型 白いゼロクラウンを中古で購入
トヨタ クラウン S180型 クルマを運転する・所有する喜び
トヨタ クラウン S180型 クラウン用スタッドレスタイヤ購入
車買い取り業者 ラビットとキャスト ブラックで非常識
クルマ査定・下取り業者の営業マン
1社目のクルマ買い取り・査定・下取り業者との面談
2社目のクルマ買い取り・査定・下取り業者との面談
さらばゼロクラウン ラストラン1 近江八幡で近江牛のランチを
さらばゼロクラウン ラストラン2 良い車とは何かを教えてくれた
マツダ ロードスターND 人馬一体のライトウェイトスポーツカー
マツダ ロードスターND モータージャーナリストの試乗記
マツダ ロードスターND 私のロードインプレッション

ホーム RSS購読 サイトマップ