出勤時に遭遇・目撃した2件の交通事故

出勤時に遭遇・目撃した2件の交通事故

今朝、会社に着くまでに、2件もの交通事故を目撃した。

 

2件とも細い路地から、本線に出たクルマと本線の広い道を、それなりのスピードで走っていたクルマの事故と思える。

 

1日の朝だけで2件の事故

 

交通事故現場

交通事故現場

1件目は自宅から3kmほどのトコロで、かなりクルマが破損しており、特にミニバンタイプのクルマは前方がグシャグシャだった。

 

警察も検証を始めていた。

 

2件目は、会社のすぐ近くで2シーターのスポーツカーが、縁石に乗り上げていた。

 

どちらも、「何でココで、こんなことになるのか…?

 

そんな感じの事故で、ほんの一瞬の判断ミスと思われる。

 

2件の事故の共通点

 

いや、判断ミスでは無く、「慢心」なのかも知れない。

 

もし私が、数十分、時間を違えて、それぞれの場所に居合わせたら…

 

間違い無く、私が事故に遭っていただろう。

 

大きな事故の影には、小さなミスの積み重ねが在るが、運転マナー、いや人としての常識、良心、まず、そこから正さないと、あんな謂わば滑稽な事故は防げない、そう感じた。

 

出来れば、そういう非常識な人間とは関わりたくないが、道路では、どんな人間がクルマを運転しているのか皆目分からない、「自衛」という意味でも、慎重でゆとりのある運転をしなければ、と、2件の事故を見て感じた。

前のページ 次のページ
 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ