安全運転 基礎・準備・実行

自動車は、とても便利で運転も楽しいモノです。しかし自動車を運転するということは、命を自動車に預けるということです。自動車の運転で最も大切な安全運転。安全運転を実行するため、必ず実行したい事、ちょっとした注意でより安全になる事、忘れがちな事、意外な落とし穴など安全運転の基本を解説しています。

 

また、知っていることと実際に実行することとは全く違います。ドライバーであれば誰でも知っている安全運転という言葉、しかし残念ながら自動車を運転するドライバーの全てが安全運転を実行しているとは限りません。安全運転を実際に実践し、交通事故を起こさない、巻き込まれない、悲劇を起こさないための安全運転の実行ヒントをお伝えします。

安全運転の心がけと人間の相互信頼での交通安全

自動車は、われわれの生活の行動範囲を広げてくれ、ある人にとっては自己表現の1つであり、またある人には趣味でありコレクションでありステータスシンボルかも知れません。しかし、自動車を運転する全ての人に共通すること、それは安全運転をしなくてはならないということです。安全運転の心がけ自動車は、私達の行動範囲...

≫続きを読む

 

運転前に体調と服装をチェックし整えて安全運転を

頭痛のするとき、睡眠不足のときなど、体調が万全でないときは出来れば自動車の運転をしないようにしましょう。体調と安全運転自動車の運転中には、さまざまな神経を使います、それによりストレスもかかります。ですから、さらに体調が健康状態が悪くなることも十分にあり得ます。また風邪薬や花粉症の薬などには、眠くなる...

≫続きを読む

 

自分の正しい運転姿勢のチェックと同乗者全ての安全チェック

まず、自動車に乗る姿勢のチェックから始めましょう。運転する自分の運転姿勢と同乗する人全ての安全の確保を意味します。運転するに正しい姿勢ブレーキペダル、アクセルペダルに対する足の位置を確認し、特にブレーキペダルは急ブレーキで思いきり奥までブレーキが踏み込めるようにシートをスライドさせて調整します。ハン...

≫続きを読む

 

自動車の清掃・整備・視界の確保と飲食の危険性

自動車に不備があれば、安全な運転が出来ないどころか事故につながってしまう可能性が高くなり、そもそも自動車自体が動かなくなることさえあります。自動車の清掃・整備自動車の安全な運転のために、いつも室内を清掃し室内にある小物などを整頓しておき、運転の支障にならないようにしておきましょう。自動車には、必ず、...

≫続きを読む

 

オ―ディオ機器・カーナビ操作は必ず停車中に行う

自動車を運転するときにお好みの音楽を聴く方も多いでしょう。またカーナビを操作する人も多いうようですが、これらの利用の仕方・操作も安全運転に大きく関わってきます。音楽は適切なボリュームで操作は停車中に音楽を聴きながら、リラックスして運転することは精神的にも良いことです。しかし外部の音が全く聞こえないほ...

≫続きを読む

 

携帯電話のハンズフリーとカーアクセサリーの固定具合

自動車を運転しながらの携帯電話の使用は、ハンズフリーなどでの使用以外は道路交通法で禁止されています。ハンズフリーを活用しましょう携帯電話での会話に神経が集中し、自動車の運転に対する注意力がそれだけ散漫になり危険だからです。運転中の携帯電話の使用は、絶対に止めましょう。また携帯電話でのメールもやはり危...

≫続きを読む

 

クルマをコンロール出来ることと同乗者と安全運転

安全運転の基本の考え方でスピードとはイコール「コントロール」といえるでしょう。自分でクルマの挙動全てを余裕でコントロールできるかどうか自分の自動車の、その時のスピードが自分でコントロールが出来るものかどうか、いとも簡単にコントロールできるならば安全運転をしているといえます。しかし少々無理をしないと自...

≫続きを読む

 

渋滞は休憩と見做すことと長時間の運転での注意点

自動車を運転していて、出来れば避けたいものの1つが渋滞です。渋滞は休憩と受けとめる渋滞に巻き込まれると、誰でもある程度はイライラとするものです。しかし、いくら焦っても自分で渋滞を解消することは出来ません、否応なく、その渋滞の流れにまかせてそのスピードでしか走行はできません。渋滞に巻き込まれてしまった...

≫続きを読む

 

交通弱者への思いやりと一般道・市街地・郊外の運転

一般道では、さほどスピードを出して走行する自動車はありませんが、逆に自動車だけではなく自転車、歩行者にも注意を払わなくてはいけません。交通弱者の立場で考える交通弱者と呼ばれるこれらについて、自動車を運転するドライバーは、その安全確保の義務があります。逆の立場で考えると分かりやすいでしょう。狭い道を自...

≫続きを読む

 

高速道路での走行車線と危険な山道の安全な運転

高速道路には「走行車線」と、「追い越し車線」があります。安全運転を心がけるならば、極力、走行車線を車間距離を十分にとって走行するようにしましょう。高速道路は走行車線を追い越し車線は、あくまでも追い越しをするときだけに使う車線で、追い越し車線で通常の走行を続けることは禁止されています。高速道路は当然で...

≫続きを読む

 

最も交通事故の多い雨の日と雪の日の安全運転

道路が濡れる雨の日、特に夜は非常に視界が悪くなり、自動車を運転するには、とても悪い条件となります。雨で歩行者もクルマが見えにくくなる自動車を運転するドライバーが、歩行者を見つけにくくなるのは当然ですが、実は傘などのせいで、歩行者も自動車を認識しにくくなります。つまり歩行者も視界が悪いのが、雨の日の条...

≫続きを読む

 

朝日・西日の悪状況での運転と混雑する時間帯の運転

自動車の中に、必ず置いておくべきモノの1つにサングラスがあります。サングラスは必需品です自動車を運転していて、朝日や西日が正面から差し込むような場面では、もちろんサンバイザーを調整して、まぶしくないように対策しますがサンバイザーでは防ぎきれないところに太陽が位置する場合、せめてサングラスをかけましょ...

≫続きを読む

 

避けることが出来ないわき見運転と眠気・睡魔の対策

自動車を運転していると、さまざまな景色、光景が目に入ります。わき見運転それらが普段と変わらぬものであれば人間は、それほど強力な注意、関心を払いませんが、それが非日常的なものですと人間は、その時の自分の状況を忘れて最大限の注意力を使ってしまいます。これは人間が動物として危険を検知する本能で、それは自動...

≫続きを読む

 

危険が一杯の駐車場での注意事項と自動車事故の場合

人身事故で意外と件数が多いのが、駐車場での事故です。駐車場は非常に条件が悪いたとえばショッピングセンターの広い駐車場、ついつい子供が走り出して、自動車と接触する、そんな事故が多いようです。子供は、何故か広いトコロに出ると走りだしたり、いつもより活発に動き回ります。駐車場には駐車された自動車が一杯で、...

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ