サイトトップ>ドラえもんのDVD、ビデオ>映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い スペシャル版 [DVD]
映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い スペシャル版 [DVD] 人気ランキング : 23156位
定価 : ¥ 4,830
販売元 : ポニーキャニオン
発売日 : 2007-12-05
発送可能時期 : 在庫あり。
価格 : ¥ 3,906

たとえ一度は負けたとしても、必ず約束を守るために戻ってくる。のび太のまっすぐな覚悟が気持ちいい。キャストを一新した新「ドラえもん」の「のび太の恐竜2006」に続く劇場版第二弾。1984年に公開された『ドラえもん のび太の魔界大冒険』のリメイク作品にあたる。見どころは手描き風に描かれたアニメーションのビジュアル。輪郭線や髪の毛が意図的にざっくりと描かれており、やさしくふんわりしたタッチで描かれているのだ。敵役の悪魔族は輪郭線の色を変えるなど、絵作りも面白い。キャラクターもよく動き、くるくると表情を変えていく。まさにアニメーションの醍醐味に満ち溢れている作品なのだ。情感たっぷりなのび太たちのドラマに涙が浮かぶ。女の子たちの優しいしぐさは監督・寺本幸代監督と金子志津枝作画監督の女性コンビならではのもの。魔法世界と現実世界というふたつの世界をクロスオーバーさせる物語のつじつまもきれいに整理されている。これは脚本を担当した作家の真保裕一の手によるもの。ちなみに真保裕一は元シンエイ動画のスタッフであり、数多くのアニメ作品で文芸を担当していたという。(志田英邦)

限定版でこのお値段はお手ごろ

どこかの糞高いアニメDVDとは大違いです。
特典も付いてこの値段はとてもお得だと思います。
自分は子供のころからドラえもん好きなので、DVDは毎回買っていますよ。
新声優陣によるリメイク版ということもあり賛否両論はありますが、
純粋にドラえもん好きなら見ておいても損はないのでしょうか。
また違う見方をすれば、これはこれで十分に楽しめます。

「リメイク」作品としては合格点をあげて良いと思う作品

原作は言わずと知れたタイムパラドックスの設定を生かした傑作。
今回はそのリメイクということで基本的な設定は同じながらも、ストーリーの改変を図っていました。
以下、ざっと相違点をあげると

・美夜子と満月博士はのび太が魔法世界を作り出す前の現実世界にも存在している。
・現実世界でもブラックホールの地球への接近という危機が冒頭で示唆される。
・魔法世界では満月博士は満月「牧師」となって教会に美夜子と住んでいる。
・原作には未登場の美夜子の母親が回想シーンに登場。病気の美夜子を助けるために亡くなった。
・出来杉くんの出番はチョイ役に降格(涙)。
・石化したドラはのび太の部屋の真上に落ちてくる。
・石像となったドラとのび太は過去のドラの四次元ポケットの中に放り込まれ、それを伏線としてドラミちゃんが序盤に登場して、後半の救出へと繋げる。
・悪魔に襲撃された美夜子は最初「ネズミ」に変えられ、後にネコになる。
・魔界歴程を探し出す冒険が追加。しかし美夜子はメジューサが化けていた偽者で、魔界歴程の半分は敵の手に渡る。
・魔界に乗り込んでから南極を突破したらすぐに魔王の城に乗り込む。原作で最大の謎だった「道路光線の北北西の方角への一直線の突破」(帰らずの原)、さらにジャイアンのオンチ(人魚の島)、魔の森等は全てカットされる。
・魔王の城へは秘密道具「モグラ手袋」を使用して地下から潜入する。姿を消すのに「石ころ帽子」ではなく、ほぼ同じ効果を持つ「モーテン星」を使用。
・月が作中にて悪魔族の力を封じるための重要な位置づけに。
・原作でのび太たちを石化させた後は行方不明だったメジューサは重要な役割を果たすことになる。
・囚われた美夜子たちを救い出すときに原作では花火で悪魔たちの気を逸らしたが、今回は巨大なドラ気球で気を逸らす。
・魔界歴程の残り半分は敵の手に渡ったため、原作とは違って「存在の意義」がなくなってしまった。
・宇宙空間での最終決戦は「どこでもドア」を使用して敵の囲みを絨毯ごとワープして突破するという奇策を披露。
・銀のダーツを魔王の心臓に打ち込む役目はジャイアンからのび太へバトンタッチ。
・エンディングのスタッフロールが流れた後に後日談が続く。

・・・・・今年もドラ映画あるんですね。次回はリメイクではなく、藤子先生の原作を題材にしたオリジナルらしいです。

それは置いておいて、戦闘シーンは大分迫力のあるものになりましたね。中期大長編から後期大長編はこの戦闘における迫力が抜け落ちてしまうことを考えれば、やはり段違いの面白さかと。
魔界に乗り込んですぐに魔王の城に行ってしまうのは他のシーンを増やした分の弊害ですが、美味しそうな食事シーンのカットなど、もうちょっと何とかならなかったんでしょうか。美夜子を最初にネコではなくネズミとして登場させた意味もよく分かりません。単にドラの反応が違うことを見せるためだけでは無駄では?

そして最大の相違点である美夜子の母親が、美夜子が幼い頃に病気の娘を悪魔との取引による自己犠牲によって助けていたという設定は「美夜子の性格・気質」をハッキリとさせる意味では効果があったと思います。
この母親を持ったことが→魔界で敵に囲まれたときに自分が囮になってでものび太を逃がそうとしたことに繋がっていくわけで、母親の気質がちゃんと娘に受け継がれていたということを示したわけです。
父から「賢さ」を、母から「優しさと慈愛」をということなんでしょう。

声優は・・特に違和感は無かったですよ。
恐竜と同じく「わさびドラ」のみ違和感は相変わらずですが。
敵のデマオンのデザインはイマイチでした。実力はいいんですが、もっと身体を大きくしたほうが力の強大さが伝わったのではなかったかな?顔のデザインも原作漫画のほうが「恐ろしい」・・・。
ひとつ新たな謎も生まれました。魔界歴程を探すために全員で美夜子のところまで「どこでもドア」を使用して空中で合流しましたが・・・・結局のところその美夜子は偽者でした。では、どうして「どこでもドア」が本物の美夜子が別に存在しているのに「偽者のところに案内してしまった」のでしょうか?本物の美夜子のほうに合流できなかったのはどうして?
ここは理解できなかった点です。

エンディング曲はなかなか名曲でした。恐竜に続いて旧作と別の立ち位置を獲得したと言っていいのでは?。

魔法の帽子が付いてます!

2007年3月10日に劇場公開された映画ドラえもん通算27作目「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」のDVDが登場です!!今回の新魔界大冒険は84年公開版(第5作目)のオリジナルとは違う面白さがあります。また、今回は美夜子さんがメインにあつかわれている点も良い所です。ただし、その点を大きく取り扱っているためオリジナルと違う部分やカットされた部分が多くあります。ですがそこが「新」として作られた「魔界大冒険」なのです。美夜子さん一家の家族愛が見たいのならぜひこちらを見てください!フェイクエンドやドラミちゃんの活躍はオリジナルと同じようにありますので見比べてください。スペシャル版初回特典の魔法の帽子はまさに魔界大冒険の世界です!

のび太の恐竜より面白かったと思う

やわらかタッチの斬新なドラえもんでしたが、のび太の恐竜2006より面白かったと思います。原作から少々変更点がありましたが、特に違和感無く見る事が出来ました。
子供向けなので、チンタラ進まず、パッパパッパと進んで、スッキリ見る事ができます。
ただ、最後のシーンで、余計な話をぶちまけ過ぎだと思いました。世の中知らない方が良い事がたくさんあるのに。
シナリオを詳細させていただきますと、のび太のわがままで「魔法が使える世界だったらな・・・」という事から大冒険へとつながるわけです。そのいつもの感じから大冒険へつながる所がドラえもんらしくて良かったです。

やっぱり魔界大冒険

子供の頃から一番大好きな作品でリメイクかなり期待していました。その期待を裏切らなかった!久しぶりにドラえもんを見たのですが、ドラえもんの表情が豊かになった事と、笑いのレベルが上がっているのが印象的でした(笑)ストーリーも既に知っていながらも、やはり素晴らしかった。ぜひ見てもらいたい作品です。やっぱり一番でした!!

サイトトップ>ドラえもんのDVD、ビデオ>映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い スペシャル版 [DVD]
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。