サイトトップ>ドラえもんのDVD、ビデオ>映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 [DVD]
映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 [DVD] 人気ランキング : 5330位
定価 : ¥ 3,990
販売元 : ポニーキャニオン
発売日 : 2006-12-20
発送可能時期 : 在庫あり。
価格 : ¥ 3,231

???1979年にスタートした映画「ドラえもん」シリーズだが、2005年にはTVシリーズの声優陣を大幅にリニューアル。その新しい声のキャストが、初めて挑むのは劇場版第1作『のび太の恐竜』のリメイク『のび太の恐竜2006』である。
???のび太の見つけた卵が孵化し、中から恐竜の子どもが登場する。ピー助と名付けられた恐竜は急激に成長。のび太はついにピー助を本当の故郷に帰すべく、ドラえもんのタイムマシンに乗り、過去へと旅立つ。 本来は子ども観客を対象とした「ドラえもん」シリーズだが、本作はむしろ、子どもたちよりもその同伴の父兄たちに向かって作られているように見える。楽しさはもちろんのこと、「感動」を全面に押し出したその内容は、オリジナル版を見て育った、現在の親たちの涙を絞るのには充分な完成度。長い歴史を持つシリーズだから可能となる、心憎いアプローチだ。ただし本作でのドラえもんはいささか役不足。ジャイアンが強いリーダーシップを発揮するというのも時代の反映か。(斉藤守彦)

ぴーすけ…

声がちょっと合ってないかな…。
絵は可愛いし話自体は嫌いではないんだけど。

デフォルメと技術との乖離

作画や効果のクオリティや技術が進んだな?と思えるものの
それが悪目立ちして面白さは反比例という印象を受けました。
テンポも今ひとつで、ここから落ちたら溶岩?とかのネタなど
中だるみの上小さい子供には余分な情報量が多くなって飽きてしまう。
(途中で見てる子供が飽きてるし)
ドラえもんの顔がゆがむ所など妙に時間が長く
「ここ、笑うところ」みたいに見えて却ってしらけてしまいました。

声も質が似ていて、聞き分ける事に疲れてしまう…
何より、劇画が流行る前の時代に出来たデフォルメの原作の作風に
劇画に使っても遜色ないアニメ技術・背景を盛り込んでしまった事で
違和感を覚えてしまい、終始落ち着きませんでした。
このような事から、すみませんが辛口のレビューになりました

新生ドラえもん

大山版ドラのころと比べて、作画レベルが断然上がっているので
背景作画や恐竜たちの描写がとても美しいです。タイムパトロールの
退場シーンも格好がよく感動的です。タケコプターのシーンは昔のドラと違い
お髭や髪の毛がなびき本当に飛んでいる空気が現れています。作画面では素晴らしいです。
しかし、ストーリーは・・・・。肝心のラストシーンを渡辺監督の個人的な
気分でカットしてしまうのは作品への冒涜に値しますし、日本までの距離も分からないのに
歩いて最後まで行かせる姿勢には無理があると思います。作画レベルに値する
ストーリーが出来ないのは残念以上に悲しみさえ感じます。新生ドラえもん第一作ですが
新旧ファンに満足をしてもらえたのか疑問です。

生まれ変わって

これは新しく生まれ変わったドラえもん映画だ。
旧作のイメージを一新し、最新技術での再映像化。

昔のアニメはまだアニメーション技術が乏しく、タケコプターの表現が『ただ空中で静止してるだけ』で終わってしまっていた。
今作は、中盤でようやくタケコプターでの飛翔シーンが登場する。
まだ日の登っていない早朝の浜辺。タケコプターのスイッチを入れる。
のび太は飛び立つ前にコケるが、無事飛び立つ。
空に上がると日の光が差し込み、CGで描かれた臨場感溢れる世界が広がる。
髪や服は風を受けなびき、体はフラフラする。

私はこのシーンで泣いてしまった。このシーンはドラえもん映画が生まれ変わった事を現しているのだ。
全てが新しい事、冒険。光は見えないが、精一杯飛び立つ。そこには素晴らしい世界が広がっている。
20数年のイメージを一新した、スタッフの心境ではないだろうか。
私の知っているドラえもん映画は去ってしまったという寂しさと同時に、新しくなったドラえもん映画は、今の子供に受け入れられていくんだなあと思うと
涙が止まらなかった。とても深い感慨があった。ドラえもん映画は、いつの時代も子供のものだ。
このシーンだけでも☆5つ物である。
その他にも原作ファン、昔からのドラえもんファンにはたまらない演出がある。
アクションシーンも迫力があり、冒険映画としても非常によく出来ている。
親子で笑って泣いて見てほしい、素晴らしい作品。

最後が原作ページの取り込みって・・

声優が変わったからとか名作のリメイクだから・・とかは置いといて
個人的にこの話の肝の部分、ピー助との別れにきちんと
ケジメをつけるのび太の成長だと思うんですね。
なので最後の「おやすみピー助」の部分、まさかの原作原稿ページ
をそのまま取り込みって・・・ある意味原作のイメージは壊してないけど
それってどーなの?そこは本当にがっかり。
声は思った以上に違和感ないがドラえもんがコロ助にしか聞こえない(笑)

サイトトップ>ドラえもんのDVD、ビデオ>映画ドラえもん のび太の恐竜 2006 [DVD]
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。