サイトトップ>ドラえもんの本>ドラえもんプラス (5) (てんとう虫コミックス)
ドラえもんプラス (5) (てんとう虫コミックス) 人気ランキング :
定価 : ¥ 410
販売元 : 小学館
発売日 : 2006-02-28
発送可能時期 : 在庫あり。
価格 : ¥ 410
ついに「45年後・・・」が

ついに「45年後・・・」が単行本に収録になった。ばんざーい。
ある日、のび太の前に50代後半になったのび太がやってくる。

この作品を読んでうれしかったのは、50代ののび太とドラえもんが
ふつ?に会話してるとこ。その辺から50代になっても、のび太と
ドラえもんの交流は何らかの形で続いているらしいことがうかがえる
のです。

未収録作品集

<全5巻の評価>

てんとう虫コミックスの「ドラえもん」全45巻に収録されなかった作品を集めたもの。

収録作品の年代は完全にバラバラ(笑)。古いものでは連載初期の70年代の作品もあり、のび太ではなくドラえもんが騒動を引き起こすものも。また、当時子供たちの間で流行っていたオモチャやテレビネタもよく使われていて、掲載年代がバラバラな分、その時代時代の価値観がより垣間見えて面白い。

ただ、大人になって見るに、これら未収録作品はアイデアとしてはあまり練り込まれていないものが多いのも確か。先述したように、当時の「流行モノ」を安易にネタとして採用しているだけで話として深みが無かったり、他の道具と能力が被っているものが散見されたり、現代の科学レベルでも作れそうな中途半端な道具だったりと、藤子・F・不二雄氏がコミックスに選抜しなかったというのも分かる気がする。

まあそれでも「ドラえもん」の持つ面白さが損なわれているほどではないので、ファンならコレクションアイテムとして持っていても損は無いかと。

てんとう虫に未収録のドラえもん!

てんとう虫コミックス全45巻を集めた方、お疲れ様です。
しかし、このドラえもんプラスは、てんとう虫コミックスに収録されていないドラえもんですので、新しいカンジがします。
全45巻を集めたからといって安心せず、このシリーズを購入してみてください。
5巻は特に面白いと思いますよ。

名作『45年後』がついに登場

もしもドラえもんに最終回があったとしたら、こういう内容だったのではないだろうか。
ファンの間でそのように絶賛されながら、単行本で読むことの出来なかった名作「45年後」が
ついに!読めるようになりました!
この一話のためだけに買っても損はありません。
ジャイアンとスネ夫による非常にリアルないじめを扱った「無視虫」も一読の価値あり。

サイトトップ>ドラえもんの本>ドラえもんプラス (5) (てんとう虫コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。