ドラえもんの映画




ドラえもんの映画は、2005年を除いて、1980年から毎年3月に、子供の春休みに合わせ公開されていて、現在までのところ、全作品に「他の生物との共生」というテーマが設定されています。

1980年に公開された「ドラえもん のび太の恐竜」から、1997年の「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」までは、原作者の藤子・F・不二雄氏によって描かれた、大長編ドラえもんの第1作である、「のび太の恐竜」から、第17作の「のび太のねじ巻き都市冒険記」を原作として製作されています。

1988年公開の「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」は、藤子・F・不二雄氏が入院中であったため「大長編ドラえもん」は執筆されていません。

その後、藤子・F・不二雄氏の逝去により、1998年「ドラえもん のび太の南海大冒険」から以降の作品については、藤子プロのスタッフが、映画を原作とした漫画を執筆しています。

なお、藤子・F・不二雄氏は在命時、「今年はこんな冒険をするんだよ。」と家族に話すのが恒例だったといわれます。

2005年は、それまでのレギュラー声優陣が交代したため、ドラえもん映画の製作、公開はされませんでした。

それまで、ドラえもんの声を演じた、大山のぶ代氏らの声優陣での映画作品は、2004年の「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」で最後となり、2006年の「ドラえもん のび太の恐竜2006」から、水田わさびら氏らの新しい声優による映画となりました。



本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。