サイトトップ>ドラゴンボールの本>Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプ・コミックス)
Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング :
定価 : ¥ 980
販売元 : 集英社
発売日 : 2004-05
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 980
DBを読んでみたい人にお薦めの本

誰もが一度は聞いた、目にした作品だと思います。

自身も連載初期はリアルタイムで読んでいましたが、途中からは・・・でした。

人気漫画ゆえに長期連載で、巻数もかなりのもの。
漫画喫茶で読むには多すぎる量だし、購入するには懐と要相談です。

読んでみたいけれど、迷っている人にお薦めします。

2冊ある公式ガイドを読めば、全話の出来事がわかります。
 「DB探し編 1巻(完全版) 其之一 悟空とブルマが出会う」
といったように、一話づつの出来事が全519話、番外編1話分すべて記されていますから。

これを読んだ上で全巻揃えるも良し、読みたい部分だけ揃えるも良し、です。


ランドマーク後編!!

原作コミックをベースとした話の収録データがメインです。特に人造人間編から収録!!
さらに戦いのベストランキングも収録されてますので、振り返ってみてみては如何でしょう。

内容が濃い!

 『ランドマーク』の続編的な内容で、『ドラゴンボール』の後半のダイジェスト、キャラや、戦いの人気投票、鳥山明氏の裏話などなど・・・。ファンならどれも興味深い事だろう。
 この本で私がもっとも興味深かったのは、他のレビュアーの方も書いておられるように、キャラの名前の由来である。作者の鳥山氏が「すみません、覚えてません。」というキャラも多数いて、さすがにキャラが可哀想だな、と思う場面も。個人的にフリーザの名前の由来に驚きました。勘のよい方ならとっくに気づいていた事なのかもしれませんが。
 全体的にファンは納得して読める内容だと思います。是非1冊。

FOREVER

ランドマークからの続きとなっています。
今回は名シーンや、キャラ人気投票などが載っています。
特に今回の目玉は「キャラ人気投票」そして「キャラの名前の由来」
だと思います。キャラ人気投票では、読者のそのキャラに対する
熱い気持ちなどが書かれています。
そして、そのキャラクターの成長もしっかり分かるようになっています。
キャラの名前の由来では意外なことが分かります。
キビトの名前は付き人から来ていた…とか。
クリリンの名前も案外適当に付けられた、などが分かります。
そして、私がこの本を買った理由の一つが、完全版の表紙のシールです。
このシールの完成度は凄いもので、貼るのはあまりにももったいないです。
ランドマークの時は特に「これはいい!」と思えるものは無かったのですが
今作では「これはいい!」と思えるものが沢山あります。
内容に興味を惹かれるものがあれば買ってみればいかがでしょうか。

完全版の締めくくりとして

フリーザ編までを収録したLANDMARKの続編です。
完全版公式ガイドというだけあって
キャラの初登場巻や見たいシーンを検索できるようになっています。
特筆すべきは名場面・名ゼリフとともに掲載されているキャラクター人気投票。
40ページにも渡ってカッコよくレイアウトされています。
他にも「ザ・ベスト・アイテムズ」「鳥山明先生の秘蔵エピソード」など、
DBファンには魅力あふれるコンテンツがそろっています。
私見ですが前作LANDMARKより面白かったので、
「前作がイマイチだったし…」という理由で購入を迷っている人も
ぜひ手に取ってもらいたい一冊です。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>Dragonball Forever―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。