サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻33) (ジャンプ・コミックス)
ドラゴンボール (巻33) (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング : 43743位
定価 : ¥ 410
販売元 : 集英社
発売日 : 1992-12
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 410
セルゲーム&番外編

ベジータも敗北し、完全体セルに挑むトランクス。
しかし、パワーを重視しすぎた変身のため、セルに敗北。
そこでセルはセルゲームを開催する。(結局最終的にはリング破壊するけど・・)

一方悟空&悟飯は修行完了。
そしていよいよあのホラ吹きヒーロー「ミスターサタン」のお出ましです!!
セルに挑むが・・・。

もう一つの番外編では、未来トランクスエピソードが収録されてます。
未来悟飯も片腕を失い、トランクスと稽古つけてる所、西の都が人造人間に襲撃され、トランクスを気絶させて悟飯一人で立ち向かうが・・・。そして3年後、トランクスが仇を討とうと挑むが返り討ちにされてしまい、トランクスは過去に旅立ちます!!(アニメSP「絶望への反抗」の原作より)

感想としてはセルゲーム編はミスターサタンが面白かったですね。番外編は見てて辛かったです。正直アニメSP版見てる時も泣きました。

トランクス・ザ・ストーリー・・・・・・

この巻には、セルゲームに至るまでの悟空たちの修行の日々と、
サイドストーリー「たった一人の戦士」が収録されている。

未来・・・。
人造人間17号・18号によって破壊しつくされたこの世界には、
超戦士は孫悟飯とトランクスしか残っていない。
二人は過去にも人造人間たちへ戦いを挑んだが、敗れ去った。
その時悟飯は重傷を負い、左腕切断の憂き目に遭った。
二人は打倒人造人間に燃え、修行の日々を送る。
そんなある日、悟飯とトランクスの住む街の近くに、
再び人造人間が出現して、破壊活動を始めた。
悟飯はトランクスを残して、人造人間へ最後の戦いを挑むが・・・・・・

セルゲーム

いわずと知れた日本漫画の代表作ドラゴン・ボール。世界市場でも大人気の大作。冒険あり、バトルあり、ユーモアあり、そしてなんといっても7つのボールを集めて夢を叶えるというファンタジーが多くの人の心を惹きつけました。天真爛漫だけどバカ力で周りを圧倒する孫悟空と同じく武芸に励み時には友人となり時には敵となるサブキャラクター達も魅力満点です。
本作ではベジータ、トランクスの力も凌駕する完全体セル。超サイヤ人の力を超えようと修業を重ねる悟空と悟飯。余裕のセルは、悟空たちとの勝負を楽しむために武道大会セルゲームを開こうとする
ドラゴンボールの捜索をベースに様々な敵が出現。敵との戦いも魅力的ですが、その合間の修行、武道会、サブストーリー等全てが面白く、またキャラ!クター画が鳥山先生独特でかっこいい。そんな日本の名作漫画を読まないのは損ですし、昔読んだ方が再び読んでも面白いと思える普及の名作です。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻33) (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。