サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール―完全版 (23) (ジャンプ・コミックス)
ドラゴンボール―完全版 (23) (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング :
定価 : ¥ 980
販売元 : 集英社
発売日 : 2003-11-04
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 980
フリーザ一刀両断!!!

いよいよ未来青年トランクスの登場です!!
もう、フリーザもコルドも瞬殺です!!この時点のトランクスの戦闘力はナメック星の孫悟空よりも余裕で上でしょう。顔色変えることなく余裕な表情でしたので。

やっぱトランクスは格好良い!!フリーザ&コルド撃破のシーンが一番お気に入りです!!

カッコいいトランクス!!(☆≧∇゚)ノ

トランクスは最も好きなキャラです。
ベジータは普通ですが、彼とブルマの息子だということに当時衝撃を受けました。
トランクスはカッコいいですよね。
本当にカッコいいです。(≧▽≦)

……しかし、フリーザの方が、あんなにあっけない終わりだとはちょっと心残りな気もします。
あの悪の帝王フリーザが……。(ーー;)

トランクス大好き…(T_T)

もうこの23巻は何度も読みました!
衝撃が走る登場シーン…「お前たちを殺しにきた」
かっこよさ折り紙つき!!絶対忘れられない。
しかも悟空1人しかなれないと思っていた
超サイヤ人になって、フリーザを一刀両断!!
私は初めてジャンプで読んだ時、
悟空が2人いるのかと思いました(恥)
悲しい現実と戦いながら、真面目にまっすぐ生きてるトランクス。
過去に来て、両親に会い、父親にショックを受けながらも
最後は親子のつながりを感じあえたトランクス。
未来に残された1人の戦士として、
過去でひとまわりもふたまわりも成長したトランクス。
トランクスのコトは、ホントに一言じゃ片付けられない。
どこか寂しく、しかしながら強い意志と信念を持っている
このトランクスという人物を描いていく人造人間編。
その始まりである、23巻。
絶対読むべきだと思います。

超サイヤ人は孫悟空さん1人だけじゃない。ここにもいたということだ!

トランクス登場。
フリーザ親子が襲来し、(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 状態のZ戦士達。
が、その時、謎の人物がフリーザ達の前に現れるのです。
「ザッ」という擬音と共に、足だけの登場で「次回に続く」。
当然、当時の子供達は「きっと悟空だ!」と思ったことでしょう。
私もそう思いました(靴が違うのは、きっとどこかの星で修行してた
からだ、と独自の解釈までしてましたからね…)。
が、次号の表紙を見ると全然知らない、新キャラの少年が扉絵に。
しかも「フリーザ退治はボクがやります」というコメントまで!
そして読み続けていくうちに驚愕の展開! 
千年に1人現れる超サイヤ人は、悟空の他にもう1人いたのです!
そしてあっという間に最後のコマ。
「フリーザ――――ッ!!!!!!」の掛け声と共に、剣で一刀両断!
これにつきます。宇宙の帝王フリーザの最後です。
少年マンガ史上、トランクス程インパクトのある登場の仕方をした
キャラクターを未だかつて私は見たことがありません。ええ。

未来から来たトランクス

未来からやって来た少年、トランクス。
フリーザ親子をあっさり倒し、
今から3年後に人造人間が現れると告げる。
しかもそのトランクスの親はベジータとブルマ−−−!?
物語に奥行きをつけたと言ってもよい巻です。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール―完全版 (23) (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。