サイトトップ>ドラゴンボールの本>Dragonball LANDMARK 少年編~フリーザ編―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプコミックス)
Dragonball LANDMARK 少年編~フリーザ編―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプコミックス) 人気ランキング :
定価 : ¥ 980
販売元 : 集英社
発売日 : 2003-12-19
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 980
原作コミックガイド

原作コミックのガイドブックですね。他にも、見所も沢山あります。一応少年期?フリーザ編まで収録!!一応孫悟空の戦闘力も載ってます!!!

イラスト目的の人にもオススメ☆

迷いながらも買ってみた本ですが後悔はしていません。この本でD.Bの事や鳥山明先生の事ではじめて知ったことがたくさんありました。
それに、今ではなかなかブゥ編までのイラスト集は手に入りづらい…。でも、イラストが目的の人はこの本でもイラストを楽しむことができます。まぁ、サイズは小さめではあるし、量もたくさんあるとはいえませんが。私の場合も、イラストが目的で買ってみたのですが満足はしています!立派な小さなイラスト集です。
この本にはフリーザ編までなので、もしセル編からブウ編までのイラストも観たい人は、続編の『D.Bフォーエバー』に同じように載っているので買ってみて観てください。
他に驚いたことといえば、同じ少年ジャンプである、『ワンピース』の尾田栄一郎先生、『ナルト』の岸本斉史先生ら他多数の漫画家さん達がD.Bについての主張と自ら描いたD.Bのイラストが観れたということです!
尾田栄一郎先生が描いた悟空は、どことなくルフィにそっくりで、悟空の格好をしたルフィが筋斗雲に載っている、という感じです。他の漫画家さん達が描く悟空も一人一人の特徴がでてておもしろいです。
まさか、このようなイラストも観れるなんて思ってなかったのでちょっぴり感動っ。
貴重なイラストかもしれません。観ておく価値はあります。是非!!

なかなか興味深い資料です。

 とはいっても、実際に全巻集めているようなファンが興味深く感じるのは、巻頭、巻末にあるカラーイラストと、第4章以降ぐらいです。それで何故僕が星5つをつけるかと言うと、まさにその第4章なのです。
 第4章に何が書かれているかというと、鳥山先生の漫画家になる動機、そしてドラゴンボールの連載をはじめる時、している時の心境などが結構事細かにかかれていて、非常に楽しめました。悟空は最初どんな姿だったのか?鳥山先生の幻のペンネームとは?などなど。
 そして第5章には、「龍球子供(ドラゴンボール・チルドレン)」と題して今ジャンプで現役の漫画家の方々のイラストとメッセージが掲載されているのですが、僕は今のジャンプは真剣に読んでないのでなんともいえませんが、共感するところは大いにあり、なかなか面白かったし、何よりドラゴンボールを読んでいた世代が今、漫画を書いているということに感慨を覚えました。ファンなら買って損はないかもしれません。

完全版公式ガイド

この本は、原作の世界観についての詳細な説明や
物語の流れ、キャラ紹介などが掲載されており
一種のファンブック的な内容になっています。
個人的には、読者のアンケート結果(ドラゴンボールの好きなところは?、神龍に願いをかなえてもらうなら? etc)や
意外なテーマで原作のシーンを集めたりしてたところが楽しめました。
他にも、超難問のドラゴンボールテストなど、読み応え抜群な内容となっています。

出ました!

完全版公式ガイドブック。完全版未収録のイラストが満載の巻頭・巻末ギャラリーから始まり、ドラゴンボールの基礎知識、重要なポイントやエピソード、原作者が語るドラゴンボール誕生秘話などを一つにまとめた一冊です。ガイドブックなので、解説などが付いていてビギナーにもわかりやすいと思います。第2弾も出るとか・・・。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>Dragonball LANDMARK 少年編~フリーザ編―ドラゴンボール完全版公式ガイド (ジャンプコミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。