サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻22) (ジャンプ・コミックス)
ドラゴンボール (巻22) (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング : 56732位
定価 : ¥ 410
販売元 : 集英社
発売日 : 1990-07
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 410
フリーザには手を出すな!!→まさしく、その通りである!!

ナメック星人殺害の場面?ベジータがザーボンに感無量なきに叩きのめされ、フリーザの宇宙船に拉致された場面まで収録。

ここでの見所は、ナメック星人殺害に怒り爆発の悟飯がデンデ救うためにドドリアを蹴飛ばしたところ・ベジータがドドリア撃破したところ・そして、何よりも界王様が悟空への忠告「フリーザには手を出すな」ですね。

特に悟飯とクリリンがデンデ助けてドドリアからの追撃から逃れるシーンは見ていて、盛り上がりましたし、この後ベジータが不意打ちでドドリアを海にポチャンした所は何気に爆笑しました!!後、何よりも、界王様の忠告は、まさしくの通りです!!フリーザは正直一番絶望且つ悪のカリスマを感じさせるキャラでもありましたので当時アニメ見てた私も恐怖を感じました。

ナメック星人が殺されたシーンは見ていて辛かったですが、ご心配いりません!!後に地球のDBで生き返ります!!

ナメック星

 
いわずと知れた日本漫画の代表作ドラゴン・ボール。世界市場でも大人気の大作。冒険あり、バトルあり、ユーモアあり、そしてなんといっても7つのボールを集めて夢を叶えるというファンタジーが多くの人の心を惹きつけました。天真爛漫だけどバカ力で周りを圧倒する孫悟空と同じく武芸に励み時には友人となり時には敵となるサブキャラクター達も魅力満点です。
本作ではナメック星に着いたのは悟飯たちだけではなく、ベジータのボス・フリーザも不老不死を求めて到着していたことがあきらかに・・・。さらに傷を治したベジータも…。ナメック星のドラゴンボールは一体、誰の手に…
ドラゴンボールの捜索をベースに様々な敵が出現。敵との戦いも魅力的ですが、その合間の修行、武道会、サブストーリー等全てが面白く、またキャラクター画が鳥山先生独特でかっこいい。そんな日本の名作漫画を読まないのは損ですし、昔読んだ方が再び読んでも面白いと思える普及の名作です。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻22) (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。