サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻12) (ジャンプ・コミックス)
ドラゴンボール (巻12) (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング : 60274位
定価 : ¥ 410
販売元 : 集英社
発売日 : 1988-04
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 410
ピッコロ大魔王編スタート!

天津飯との決勝戦終わるも話は急展開!
クリリンの死、伝説のピッコロ大魔王の復活、
そして孫悟空の二度の完敗・・・
めまぐるしくストーリーが展開する、
ピッコロ大魔王編のスタートの巻は実におもしろい!
何気に、ヤジロベーという今までにないユニークくキャラの登場は、
結構好きです。

鶴仙流編天下一武道会も終わった。しかし!!

無事、天下一武道会(鶴仙流編)が終わり、優勝は天津飯に決定!!
天津飯は足を折ったヤムチャに謝り、賞金で天津飯・餃子も加わり、食事するその時!?
何とクリリンが何者かに殺害された!!原作やアニメ見てた当時、恐怖感を覚えていたのが何気に記憶に残ってます・・・。何とピッコロ大魔王の配下の仕業だった!!

悟空は、配下のタンバリンを追うが、武道会の戦い後のため、返り討ちにあう!!
ピッコロ大魔王の配下であるタンバリン・シンバルは武道会出場者暗殺・DB集めをしていくのである。(ピラフはとんでもないことをやらかしてくれたもんだな・・・)

クリリンが・・・!

いわずと知れた日本漫画の代表作ドラゴン・ボール。世界市場でも大人気の大作。冒険あり、バトルあり、ユーモアあり、そしてなんといっても7つのボールを集めて夢を叶えるというファンタジーが多くの人の心を惹きつけました。天真爛漫だけどバカ力で周りを圧倒する孫悟空と同じく武芸に励み時には友人となり時には敵となるサブキャラクター達も魅力満点です。
本作では悟空と天津飯の間で争われた天下一武道会の決勝戦は、僅差で○○○○が優勝した。だが再会を約束して、去ろうとする一行に、悪の影が… 。ドラゴンボールが奪われ、クリリンが・・・!
ドラゴンボールの捜索をベースに様々な敵が出現。敵との戦いも魅力的ですが、その合間の修行、武道会、サブストーリー等全てが面白く、またキャラクター画が鳥山先生独特でかっこいい。そんな日本の名作漫画を読まないのは損ですし、昔読んだ方が再び読んでも面白いと思える普及の名作です。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻12) (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。