サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻21) (ジャンプ・コミックス)
ドラゴンボール (巻21) (ジャンプ・コミックス) 人気ランキング : 57860位
定価 : ¥ 410
販売元 : 集英社
発売日 : 1990-04
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 410
舞台はナメック星!!新たなる強敵、フリーザ!!

無事、ベジータを追い返したがピッコロ達の犠牲はあまりにも大きすぎる・・・。
悟空がベジータを逃がすシーンは原作やアニメ見てた私もビックリされましたね。
まあ、後にベジータも仲間になるから結果オーライだけどね。(と言っても正式的には魔人ブウ編からやけど・・・)

悟飯・クリリン・ブルマ達はピッコロ達を生き返らせるため、ナメック星の旅立ちを決意!!
しかし、ナメック星には復活したベジータ、さらに恐怖のカリスマ、フリーザも来ていた!!
どうする悟飯達!!

ナメック星

いわずと知れた日本漫画の代表作ドラゴン・ボール。世界市場でも大人気の大作。冒険あり、バトルあり、ユーモアあり、そしてなんといっても7つのボールを集めて夢を叶えるというファンタジーが多くの人の心を惹きつけました。天真爛漫だけどバカ力で周りを圧倒する孫悟空と同じく武芸に励み時には友人となり時には敵となるサブキャラクター達も魅力満点です。
本作ではナメック星に着いたのは悟飯たちだけではなく、ベジータのボス・フリーザも不老不死を求めて到着していたことがあきらかに・・・。さらに傷を治したベジータも…。ナメック星のドラゴンボールは一体、誰の手に…
ドラゴンボールの捜索をベースに様々な敵が出現。敵との戦いも魅力的ですが、その合間の修行、武道会、サブストーリー等全てが面白く、またキャラクター画が鳥山先生独特でかっこいい。そんな日本の名作漫画を読まないのは損ですし、昔読んだ方が再び読んでも面白いと思える普及の名作です。

凄い画力

鳥山明の画力の凄さにはドギモを抜かれる、なにしろトーンを全く使用してないのだ!
細かい部分は全て線で陰影をつけている(最近気がついた)
これほど凄い画力を持った漫画家は彼だけだろう

サイトトップ>ドラゴンボールの本>ドラゴンボール (巻21) (ジャンプ・コミックス)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。