サイトトップ>ドラゴンボールの本>『ドラゴンボール』の秘密
世田谷ドラゴンボール研究会

『ドラゴンボール』の秘密

『ドラゴンボール』の秘密 人気ランキング : 92739位
定価 : ¥ 1,050
販売元 : データハウス
発売日 : 2004-06
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 1,050
内容がどうこう以前に

 内容は、ブームに便乗して作られた「謎本」で、特に評価すべきところはありません。
 触れる必要のないアニメ版について触れている、しかも触れているのがTV版ではなく劇場版のみということで、この著者が漫画やアニメについてあまり知識がなく、ドラゴンボールのファンでもないということがわかります。

 が、この本にはそれ以前の問題があります。
 「『磯野家』のあとしまつ」(謎本ブームを作った「磯野家の謎」を出した飛鳥新社の元社員が書いた本)で、ドラゴンボールの謎本の原稿が内部のスパイによりゲラの段階でデータハウスに流され、先に出版されてしまったという経緯が暴露されています。その本こそ、この「『ドラゴンボール』の秘密」というわけです。
 「『ドラゴンボール』の秘密」の著者は「世田谷ドラゴンボール研究会」となっていますが、巻末には「代表ゆうむはじめ」とあります。「世田谷サザエさん研究会」では「正真正銘ゆうむはじめが一人でやっている研究会」と言っていたので、これも同様にゆうむ氏個人の著作と見なしていいでしょう。
 ゆうむはじめ氏は個人名義でも何冊も本を出しているプロのライターでありながら、こんな行為に加担したということで、職業的良心を疑います(先述の「『磯野家』のあとしまつ」によれば、ゆうむ氏が飛鳥新社から漏れた企画の内容をサザエさんの謎本のネタにしていたことがわかります)。

 そんな諸々の事情を知った上で「そういえばあの頃は謎本が流行ったね」という視点で読み直すには良いかもしれません。

意外とおもしろい

この本なかなかですよ!一見マニアっぽいですが良く研究されています。今ドラゴンボールのブームが来てるらしいからお父さんたちにオススメです。子供に何か聞かれてもこれでもう大丈夫だと思います。子供が読んでも良いのでは!とにかくだまされたと思い一度読んでみるかちありです。

サイトトップ>ドラゴンボールの本>『ドラゴンボール』の秘密
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。