サイトトップ>ドラゴンボールのゲーム>ジャンプアルティメットスターズ(特典無し)
ジャンプアルティメットスターズ(特典無し) 人気ランキング : 1605位
定価 : ¥ 4,800
販売元 : 任天堂
発売日 : 2006-11-23
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 4,800
前作よりはいい

DSでスマブラ出したらこんなのになる って感じのゲーム

よかった点

・キャラがかなり増加
最近の作品から結構昔の作品まで参戦してる
中には直接操作できるキャラがいない作品もあるけど


前作のよかった点をしっかりそのまま持ってきてるから、新しく感じた点は意外に少ない。
細かい変更はあるけど、どれもゲームをより面白くする変更なので安心

おまけ要素的なジャンプクイズだとか、作品紹介なんかは地味によかった。
全く知らなかった作品に触れることができて○

ただ、クイズは原作をしっかり読んでないと難しかった
単行本全巻持ってる作品のクイズでも分からなかったり
読んだ事のない作品のクイズなんてまず分からない

不満点

・コマ集めがつまらない
同じ内容の戦闘を繰り返し繰り返しコマを集めるので、段々つまらなくなってくる
でもまぁ、あんまりいろいろルール作っても逆に面倒になるのでこれは仕方がないかも

・下画面ペタペタ
指で直接触って操作することになる
基本はボタン操作だけど、キャラチェンジやサポート召喚の時は下画面をタッチ
タッチペンでタッチすればいいんだけど、自分はペンを持ちながら操作は面倒なのでは触りまくり
結構頻繁にタッチする状況もあるので、気になる人は対策がいる


不満点もほぼ前作と一緒だった
ただ自分はあまり気にならずにプレイできたので、総合的に結構な良作だと思う
ジャンプ好きならもちろん、知ってる作品があんまりないって人でも十分に楽しめるゲームですよ

何気取り?

僕は最近買ってWi-Fiを繋いだのですが、もう初心者は入れない状況ですね。

国内対戦なんかしても、マナーの悪い人が大半を占めています。
ていうかそんな人としかあたりません。

他の方のレビューでも書かれているように、ガード連打しながら強すぎる一部のサポートキャラ(トランクス、セナなど)ばかり使う人、承太郎のタッチ攻撃ばかり使う人、一人を集中攻撃して倒した後はセレクト連打で戦わない人、負けて倒れているキャラに攻撃する人…ゲームを楽しむ気はないんですかね。


ゲームとしてはジャンプ好きならかなり楽しめていいんですが、一人でやると割とすぐ飽きてきます。
なのでWi-Fi対戦をすればこの有り様。
身近な友達と対戦するしかなさそうです…。

前作より良い

前作のコマ組み合わせのシステムは、ジャンプを読破していない自分は不満でした。
今回は自分の好きな作品コマを集中して増やせるので、スムーズにゲームが進められます。
特に難しいシステムも無いので、誰でも気軽に楽しめると思います。
続編に期待したいですね。

むちゃくちゃはまる

面白いです デッキというシステムもDSをいかしていてよかった
ただWiFiで一部のサポートこま特にセナやカクガー+ぎりぎりガード+トランクス
みたいなあきらかに卑怯な戦法をとってきたり 馴れ合いで試合ができない
改造データでWiFiをやるといった犯罪者までいます
それさえなければ最高のソフトです
ブラックリストやキックなどの機能がほしかった
時間無制限の試合や
あと試合は1人にならない限りおわらないなどの工夫も次回作には期待

マナーいい人なら

このゲーム自体はとても面白い作品です。そしてWi-Fiを使った対戦もとても面白いと思います。
しかし、Wi-Fi対戦の時に突然抜けたり、勝つために電波をいじって動きをとても重くしたり、ハメ技ばかりをする人、複数人対戦では何人かでグルになり、一人を倒して後は全員勝ちになるまでタイムリミットを待つなど、勝つためだけにプレーをする人がいます。これが複数重なって来ることもあります。本当にひどい人は負けた人の倒れたキャラに剣を突き刺してきたりします。
でも、相手がマナーいい人ならとても楽しくプレーできます。そういう人は珍しいですが・・・・
ゲーム自体は本当に面白いのですが、相手がそういうマナーがならない人だと、ムカついたり傷ついたりとまともなプレイヤーが馬鹿を見るような結果になりかねません。
一人プレイ目当てな人ならお勧めですが、Wi?Fi対戦したい人は、そういうマナーがならない人にも勝つぐらい強くなる自信がある人、心が強い人、という人じゃないとお勧めできません。
例外として、マナーなんて関係ねぇ、という人もいますが、お勧めしたくありません。

実際私も数えられないくらいそういう目にあっています。

サイトトップ>ドラゴンボールのゲーム>ジャンプアルティメットスターズ(特典無し)
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。