サイトトップ>ドラゴンボールのゲーム>ドラゴンボールZ 真武道会2
ドラゴンボールZ 真武道会2 人気ランキング : 3465位
定価 : ¥ 5,040
販売元 : バンダイ
発売日 : 2007-06-07
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 5,040
携帯ゲーム機の格ゲーとしては○

ニコ動にあった、コンボ動画を見て欲しくなり購入しました。

他の格闘ゲームと比べて、
十字キーどボタンの同時押しという入力に、
慣れるまで時間がかかりましたが、
慣れてしまえば、電車で立って遊ぶときなどは
遊び易く感じました。
(十字キーをグリグリするのも慣れの問題かもしれませんが、
 私は苦手です。)

前作や、家庭用機向けは持っていないので、
それらとの比較はできませんが、
単体で見た場合には、十分に楽しめるゲームだと思います。

Z3との比較。

最近はスパキンシリーズ(スパキン)が主流で、旧PS2シリーズ(以下・旧版)は影に隠れがちな中、懐かしい感じがしました。
開発元が違うためか、攻めが主流のスパキンは、複雑なシステムが多く、使いこなすには練習が必要な、
所謂“一見さんお断り”なとこがありますが、その分多彩な戦略性が上達の達成感がありますが、
逆に旧版は防御、つまりこちらから、もしくは相手から攻めた際の戦いがメインで、簡単な操作で
上級者並みのテクを操ることも可能な、ビギナーに易しいゲーム。また、スパキンがマニアックな人選をしているのに対し、
旧版は未だにターレスやボージャックすらあえて登場せず、前作でやっとジャネンバ・パイクーハンが登場したくらい。
(今作では更に未来悟飯が原作にはなかった変身もひっさげて新登場)
更に旧版は原作に近い迫力を求める為か、超必やDRなど、格ゲーにしては異色なシステムが賛否両論でしたが、
PSPでは(容量の関係か、あるいはゲーム性を変えたかったのか)一部の技を除いてオートモーションが排除され、
タイミングを見極めないと簡単に防御や阻止されてしまうが、上手くやればフルチャージで大ダメージを与えられる
という、駆け引きとテンポのいい戦い方が、かえって真武道会のカラーが出たんじゃないかと思います。

しかし、今作最大の楽しみだった“アナザーストーリー”ですが、予想どおりシナリオは在って無きに等しいし、
何よりZ戦士やメタルクウラをただゴキツブシしていくだけを何度も繰り返すだけで、ただストレスが溜まる一方。
変にGジェネみたいなシステム要らないから、戦いをメインに作って欲しかった。
(それにトランクスや未来悟飯がブウを倒すみたいな無茶しても良かったからZ戦士だして欲しくなかったし、
クウラやブロリーももっと良い扱いをして欲しかった。むしろバビディの卑怯なまでの能力に
最強なんじゃないのって思ってしまうだけで、むしろ出て欲しくなかった。でも現代とのパラレルも
辻褄合わせされてるという熱の入れようには大満足)

また、Z3では変身を重ねる毎に性能が増し、技も増え、純粋に強くなっているが、
真武道会では変身状態によって技が変わり、所謂マイナーチェンジである為、例えばトランクスの場合、
通常状態ではフィニッシュバスターやバーニングアタックなど、飛び道具に富んでるが、逆に超化後は
バーニングアタックが無くなり、代わりにカウンター技が与えられ、近距離タイプになるなど、全く性質が変わっていく。

これはフュージョンやポタラに関しても例外ではなく、初っぱなから合体状態だが、他のキャラより
飛び抜けて強いとは一概には言い切れない。また、フリーザに関しては最終形態はデスビーム、デスウェーブ。
フルパワーはデススライサー、デスクラッシャーを操るなど、原作に忠実な部分もある。

更に、安っぽくはなってしまったものの、何故かZ3には無かったバーダックとフリーザの掛け合いが見れるのは
良かった。でも各キャラのイラストはZ3のものと比べると、オリジナルに似てない。
それにアーケードモードもZ3には何故か無かったのに対し、PSP版にはちゃんとあるから飽きが来ない。
技も無条件で全部使えるからスキル探しのストレスも解消。まだまだアラが目立つので、次回作に期待したい。

アナザーロード

ストーリーであるアナザーロードの意味のわからない設定(ブウが何体にも分裂したとか記憶からフリーザやセルを作ったなど)と地獄のようなロード時間と回数
以上これさえなければ面白いゲームと思います
格闘システムに関しては充分な出来であり駆け引きも楽しめます、キャラ数も人気が高いキャラは収集されている感じです

携帯ゲーム機でのDBシリーズでは一番面白いのではないでしょうか

ドラゴンボールZ SPARKING NEO と同じくらい面白い!

私はドラゴンボールを買って、PLAYしました。最初はキャラの数が少なく、MISSIONも難しいです。だが慣れてくるとMISSIONもクリアし、キャラの数も多くなる。技もよい感じ!?
買う人は・・・買ったほうがいいかな!>?

kai向きではないです

一人でやる分には問題ないと思います。
ただkaiに繋げてやるとヒドイです。ドラゴンボール=相手を吹き飛ばしたりなど爽快なものだと思いますが、kaiでやると怯みコンボの連続でやる気を失います。

kaiの人は怯みコンボしか使いません。
ドラボンボールのクセに爽快感なしのいやらしいハメゲーになってます。
そのせいか、kaiでは真武道会2をやってる人は2人ぐらいなので接続しようとしてる人は気をつけてください。

超ドラゴンボールのような爽快なコンボならまだしも、寸止め攻撃によるいやらしいハメゲー
にしたバンダイにも問題ありかと。

サイトトップ>ドラゴンボールのゲーム>ドラゴンボールZ 真武道会2
本サイトはアマゾン・ウェブサービスを利用しています。