Top >  今日のお奨めトミカ >  トミカ ハイパーブルーポリス ガードランナー

トミカ ハイパーブルーポリス ガードランナー

トミカ ハイパーブルーポリス ガードランナー

トミカ ハイパーブルーポリス ガードランナー
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,051
人気ランキング: 5667位
おすすめ度:
発売日: 2007-10-05
発売元: タカラトミー
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

トミカハイパーシリーズに「ハイパーブルーポリス ガードランナー」が登場。ノーマルフォームから装甲フォームへ変形。コンテナの中には2種類のミニコンテナを格納し、トミカの格納、発進や検問所へ変型などアクションがいっぱい。別売りのハイパーレスキュー1~3号、ソニックランナーと5台連結可能。究極の巨大ビークル要塞が完成する。
※ソニックランナー連結パーツが付属
※トミカは含まれていません。
※けん引車(プラ製)とハイパーブルーポリス隊員のプラキッズ1体付属

小学生の子供は気に入ってます。
特に、光ったり、音が鳴ったり、モーターで走ったりするわけでなく、
単にいろいろな所が開閉したり、バラバラに外れたり、
ちょこっと変形したりするだけの機能です。
最近のおもちゃの中では、「えっ?これで終わり?」と拍子抜けするほどの
おとなしい機能しかありません。

でも、子供は大興奮!珍しく、飽きずに長く遊んでいます。
どうやら、うちの子を惹きつけるなにかがあるようです。
大人と子供の受け取り方の違いを感じたおもちゃでした。


脆い?
コンテナは取り外し、検問所と発車基地(?)としてそれぞれ遊べ更に付属のコンテナ牽引車に連結させる事が出来るので、色々な遊び方ができます。
ガードランナー本体にもちょっとした細工が所々にあるので子供は楽しそうです。

が…
細工が多い分、直ぐに部品が外れます。
本体のコンテナ収納する屋根や手動で出す放水銃にコクピット部分の扉、コンテナの扉や壁など、動かせる所は直ぐ取れると思っておいた方が良いでしょう。
危ないので、小さなお子さんに与える場合は気をつけてあげて下さい。

電池無しがうれしい。
ハイパーレスキュー1,2,3号、ソニックランナー、そしてこのガードランナーと持っている。いろいろおもちゃは電池が要るから面倒だが、電池無しは2号と、ガードランナーである。

5台つなげるのは圧巻ではある。だが接続部が折れることはないがさすがに5台だと少し動かすだけで、どこかが外れやすい。接続部の関係で、ソニックランナーは必ず先頭、3号は必ず最後尾である。

2号、3号、ガードランナーのコンテナは相互利用が可能であるが、ガードランナーは単体でも、ミニコンテナがはずせたりしてしっかり遊べる。ガードランナーはプラキッズの乗員が4人分なのでブルーポリスのミニカーも4台以上は欲しいところだ。


今日のお奨めトミカ

お奨めのトミカを紹介します