Top >  ホームシアター構築まで >  4, ソニーベーター・ビデオデッキJ-10 Part 2

4, ソニーベーター・ビデオデッキJ-10 Part 2

4, ソニーベーター・ビデオデッキJ-10 Part 2

テープを、現在のデッキのように、前面から出し入れする、「フロント・ローディング」タイプ。全くの新品。定価15万円だが、、録画機能は1番組だけ、リモコンもワイヤレスではなく電線付き、しかも、早送りと巻き戻し機能のみ。でも、当時のデッキの機能は、みな、同じようなモノであった。幾らで譲ってくれるのか、と聞くと、「半額以下でいいですよ。」との事。確か、7万円としたと記憶している。買ったばかりなので、保障期間も充分。嬉々として、部屋に持ち帰った記憶があある。ただ、ビデオデッキだけでは、やはり、何も観えない。今度はTVモニターだ。当時、Sony製品を、しかも、いわば特殊な「モニター」を扱う店は、さほど多くは無い。郊外の大型ショッピングセンターの家電売場で、販売金額をチェックし、その金額以下で、と近所の東芝電気店に交渉をする。

「分かりました。 じゃあ、その金額以下で取り寄せます。」

そして、待ちに待ったSonyのプロフィールが、私の部屋にやって来た。

ホームシアター構築まで

ホームシアターを持つまでの経緯、経験を紹介します